« 請い話(コイバナ) 5 | トップページ | マークシート »

2006年3月 4日 (土)

世にも屈折人間

最近、auの機能のひとつ、「いっこ戻る」を知りました。

例えば、ア行を3回押すと「う」になりますが、

確定ボタンおす前に「♯」のボタンを押すと「い」に戻るそうです。

(もしかしたらauだけかも。)

 

通り過ぎてしまった時、いつももう一周してたのですが、

こんな画期的な機能があったとは!!

それはそれは、えも言われぬ想いがしました☆

 

関係ないけど、ネットってやっぱり怖いね。。。 やびです。

 

 

P.S.

国試本番まで日数はもう、あと7日…一週間です。

本番当日のことを考えるとやり切れないので

最近、ブログにおいても

現実逃避をかねた妄想をしてしまいがちになっています。

 

くさみ~とみぃみぃは「妄想トリオ」~☆ (本人未承認)

できればyoppiも加わって「妄想カルテット」に!(本人未承認)

左遷えなりさんも仲間に入れて「妄想クインテッド」(本人未承認)

ぺこさんも強引に引き込んで、 (本人未承認)

「妄想……」、6人組はなんて言うんだろう??

 

スローガンは「妄想が広がる、夢が広がる~♪」  (本人未承認)

(妄想の記事を書いている日にちが

 3者ともお互いに近いのはきっと運命に違いない!!)

 

…こういう絡み方はマズかったですか^^;

 

 

P.S.P.S.

ふと思った。

ブログのタイトルに「屈折的~」って書いてるように、

僕は、どうして自ら「屈折している」と吹聴しているのか…

 

漠然と、思っていたんですけどね、

僕のここ、あそこ、そういうところが屈折しているのです!

ってピンポイントに伝えられるわけでもないので

改めて考えてみました。

 

きっかけは、新聞の片隅にあった記事です。↓

 

 

Dscf1561

↑(クリックでめっちゃ拡大。)

 

この新聞の記事には、子育ての仕方によって

子どもがどういうふうに感じているのか、

マンガで説明してくれています。

以下、セリフ抽出。

 

 

●甘えが満たされるとき

子「お母さーん 友達にぶたれたよー」

 

母「ま かわいそうに 

  お母さんが『痛いの痛いのとんでけー』しようね」

 

子「(ぼくは お母さんに 愛されている!!)」

 

…結果。

自己評価UP!

相手に対する信頼UP!

安心感

 

 

●甘えが満たされないとき

子「お母さーん 友達にぶたれたよー」

 

母「まーた泣いてる 甘えるんじゃないの!」

 

子「(がーんっ)

  (ぼくは甘えさせてもらう価値のない存在)」

 

…結果。

自己評価DOWN

相手に対する信頼DOWN

不信 怒り

 

 

きっと、僕が屈折しているのも、

今までの生き方に問題があったような気がします。

 

…と言っても、人のせいにはしたくないし、

高校生あたりまでは我ながら、まだ素直な方だと思っていました。

 

大学に入ってからひどくなったような気がします。

大学に入って他の人と変わったことしてたのかな…

 

そーいえば、僕、大学に入ってから日記書き始めました。

ブログじゃなくて、ミクシィなどでもなくて、日記帳です。

 

大学に入るまで、日記を書く習慣がなかったので、

ここぞとばかりに出来事、思ったこと、感じたことなど

すかさず書き綴っていたのですが、

そんなことを2年半続けているとありえん冊数に! ↓

 

Dscf1353

 

たぶん、日記を書くと、

誰でも哲学的にならざるを得ない時がやってきます。

 

そして、自分の哲学にどっぷり浸って毎日を過ごしてきた…

それも、2年半も漬かってきたものだから、

僕の思考は変な方向に偏っている可能性大です!

 

 

●具体例

 

内面やび1「冬は寒い、寒い!!」

 

内面やび2「寒いね。」

 

やび1「どうしてこんなに寒いん?」

 

やび2「わからん。冬だから?」

 

やび1「僕は雪が降らないようなところで

     長い間過ごしてきたから、それのツケが

     回ってきたのかも。きっとそうだ!

     『寒い思いしやがれ!』っていう神様の仕業だ。」

 

やび2「それは被害妄想。」

 

やび1「友達の受け売りだけど、

    冬に『寒い寒い』っていうのは合理的なこと。」

 

やび2「なぜ?」

 

やび1「『寒い寒い』って口の筋肉を動かすことによって

    熱が発生して、体が温かくなるから!」

 

やび2「なるほど。でもそれって本当?」

 

やび1「オマエも何かアイデア出せ。」

 

やび2「なんも思い浮かばない。寒いからかも」

 

やび1「そもそもね、僕が言いたいことには、

    水が凍ってしまうような状況で、

    どうしてヒトが生きていけるのか、僕は

    そこらへんのキミの考えを聞いてみたいわけですよ。

    だって、おかしいじゃん。

    ヒトは60%、あるいは70%が水でできてるんでしょ?

    冬になったら、ヒト凍るじゃん!!」

 

やび2「そうですね~♪ (『笑っていいとも』ふうに。)」

 

やび1「もしも、やび自身が凍ったら

    そんな思想ありえないよ?」

 

やび2「ど~でもいいですよ~♪ (『だいたひかる』ふうに。)」

 

やび1「ダメだダメだ、オマエはダメだ。」

 

やび2「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ

     (『碇 シンジ』ふうに)」

    (↑知らない人ごめんなさい。とりあえず、

       碇シンジとはいつもそう言っている少年のことです。)

 

やび1「ふざけてんの?」

 

やび2「ふざけてるよ?」

 

やび1「このバカ!」

 

やび2「このバカチンが! (『武田 鉄也』ふうに)」

 

やび1「もういい…」

 

 

…一番頻度の高い自己完結のパターンです。

 

 

こうやって客観的に見ると、

こんな自分に、何気にガッカリしてしまいますね。。 _| ̄|○

 

 

…結果。

哲学力UP!

集中力UP!

妄想力UP!

偏見UP!

変さUP!

社交性DOWN

真実を見る力DOWN (=現実逃避)

考え方及び心の屈折

 

 

←クリックで1PCにつき1日1回まで反映されます。

読んでくれてありがとうございますです<(_ _)>

|

« 請い話(コイバナ) 5 | トップページ | マークシート »

コメント

碇シンジにそうとう笑った(≧ω≦)b

投稿: ゆうき | 2006年3月 4日 (土) 22時21分

こんにちわ~絡まれたくさみ~です☆

たしかに妄想記事?を書いた日が
やびさまとぺこさんとくさみ~3人かぶってますね~笑

なんとなくお二方には親近感を感じます。
薬学生ブログランキングの中で
笑いを追求するのは、この3者だけではないでしょうか?笑

もっとまじめに薬学ネタ話したいですがそれに見合う知識がどうやら欠損しているようです。


投稿: くさみ~ | 2006年3月 4日 (土) 22時58分

なにげに初コメントです!!嬉

やび様に絡んでもらってめっちゃ嬉しいです。
もうあることないことな~んでも書いてやってくださいませ。
妄想は楽しいのでほんとに好きです。
周りは妄想族ばっかりなのでひたすら楽しいです。

逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ・・・
知ってます。笑

ほんともう目の前に国家試験ですね!!
がんばってください!!

投稿: みぃみぃ | 2006年3月 5日 (日) 00時22分

妄想。。。あたしも好きです。。。

でも イケナイことを常に考えてるあたしは、公開できません~笑~

前にも思ったけど 日記 長い間 ノートに書いて続けてたんですね☆
それも びっしりですね~。
そういえば~お子が 最近 友達と交換日記をノートに書いてるんです。あたしも学生の頃は、よく友達としましたが 男の子って そういうんのんは、しなかったのかなぁ??

投稿: ルピ | 2006年3月 5日 (日) 07時56分

ゆうき さんへ
碇シンジ ネタが通じて良かったです^^;

逃げちゃダメだ逃げちゃ・・・


くさみ~へ
偶然かもしれないけど運命かもしれませんw

薬学生の中にはきっと真面目な人が多いんですね。
面白いもの好きが不真面目だなんて思わないけど、そういう傾向なのかなと思ったりしました。

一度会って話してみたい・・・けど、僕、実際の生活は無口な方でどちらかというと「聞き役」ですけどね^^;


みぃみぃへ
初コメントありがとうございます

妄想は楽しいですよね、
妄想は人間が生きていく上で大切な要素ですよね、
妄想は・・・

最近、「妄想」という響きにすら面白みを感じてきました。「想像」ではなく「妄想」。
もうそう…モーソー!?
なにこの、発音の面白い組み合わせはw
(↑ちょっとヘンかも)

国試頑張ります


ルピさんへ
僕の場合は、中学、高校生の時はそういうのなかったです。
小学生の時は、義務的にやらされてましたけど。

ノートに書いてたときは、ブログに書いてるようなもんじゃないです。
誰に見られるものでもないので、人に見せられないようなくだらないこととか、誹謗中傷も遠慮なかったです。

それはそれで、後から「こんなこと書いてたんか~」って、客観的に自分を見ることができていいかもしれません。なんだか、こっぱずかしいけど(〃∇〃)

投稿: やび | 2006年3月 5日 (日) 08時48分

こんにちは。
勤務先で日記をやらせているがたいちです。

小さいことの積み重ねって、大事だと思いますよ、ほんと。

年がら年中「甘やかす」のではなく、ポイントを見極めて「甘えさせる」ということではないかと思います。でも、子を育てた経験はないので…、確証はもてませんです。はい。

投稿: がたいち | 2006年3月 5日 (日) 15時20分

手書きで、こんなに日記帳書いてたのだ。
へ~~~ぇ。pcだからこそ、手軽に、そのときどきの、怒りや悲しみ、綴ったりしますが、手で書くのは、出来ません。

どうしてかなぁ。

ノートを前にすると、なにかまじめなこと書かなくてはと思われなかったですか?

もしかして、やびさんが偉くなって、後世の人が、やびさんの手書きの日記帳が出てきたなんて騒がれたら。。。(* ̄m ̄) ププッ

それはさておき、この子育ての漫画、結構考えさせられますね。特に、泣いても抱いてもらえない赤ん坊は、あるとき、泣かなくなる。手がかからないいい子になったのでなく、心のトラブルの始まりというところが、とても気になりました。

投稿: やすみ | 2006年3月 5日 (日) 17時21分

ほんとだ!いっこ戻る機能があるなんて知らなかった…
6人組なんていうんでしょうね。俺はクインテッドも知りませんでしたよ。

妄想は広がりますね。どこまでも~♪俺も2人に負けじと妄想頑張ります(笑)

投稿: ぺこ | 2006年3月 5日 (日) 18時54分

がたいちさんへ
甘えるのと甘やかすの違いなんて今まで深く考えたことありませんでした。
自分に子どもを育てる機会があるだなんて想像もしなかったからかもしれませんが、感受性豊かな子どもにとって、周りの環境は大いに影響を与えるんでしょうね。

僕もそうやって育ってきたんだろうな・・・


やすみ さんへ
ノートを前にすると…確かにそう思います。
「よし!今日の出来事をちゃんと書いていくぞ!」
って最初はそういう心意気だったんですが、
しばらく続けていくうちにスタイルが変わってきました^^;
時に、「疲れた~~~~~~~」って一行で終わる時もあったくらいですw

子育ての件、言われてみたら、そういう心の動きがあるのかもしれないと思いました。
「泣いても構ってくれないのなら…」
子どもは、そういうことがきっかけで目に見えない精神的な変化が起こっているのかもしれませんね。


ぺこ さんへ
いつの日か妄想グループを結成できたらいいですね、って言ってみる。。

妄想は広が~る~ど~こま~で~も~(線路は続くよ…のリズムで)

投稿: やび | 2006年3月 5日 (日) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6473/886815

この記事へのトラックバック一覧です: 世にも屈折人間:

» たまごっち [たまごっちを探せ!]
たまごっちの情報をたくさん集めました! [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 18時29分

» おばん… [65億分の1の物語]
ぁぁ、ナルニアの記事で「おばんおばん」言ってたらblogpetの「アポロ占い」で… おばん運まあまあ 最近、auの機能のひとつ、 「おばん戻る」を知りました。 あんだってぇ〜 [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 04時52分

» リラックマグッズ♪ [リラックマばっかり★]
リラックマってかわいいですよね〜。リラックマを集めてみました。 [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 00時57分

« 請い話(コイバナ) 5 | トップページ | マークシート »