« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

ガン撲滅パレード

お久しぶりです。

 

諸事情により音沙汰が途絶えておりました・・・。

 

 

明日(30日)は、クラス会です。

 

久しぶりに会う人が多いので、

元気してた?とか、相手の様子を伺う挨拶文句が

頻繁に飛び交う光景が予想されます。

 

あー、楽しみだなー。

 

 

 

でも、あさって(10月1日)は、ガン撲滅パレードというものが

国際通りであるらしく、それに参加させられました。

 

白衣を着た100名を超える連中が道路を練り歩くんだよ!

 

たぶん、「ガンを減らそう!」とかそういうプラカードを持つんだはず。。

 

 

パナウェーブじゃないからね、そこらへん勘違いしないでね。

 

でも、きっと異色を放ってるに違いない・・・。

 

 

そういうわけで、明日はそんなにお酒飲めないかもです。

 

 

P.S.

 

次のコメントで、コメント総数1000を迎えます!

 

自分で1000番目を迎えるのはなんだか嫌なので、

誰かお願いします m(_ _)m

| | コメント (9)

2006年9月24日 (日)

サーフィンとか。

今日は、朝4時に起きて、那覇マラソンの練習~。

 

記事には全然書いてないけど、練習は続けています。

 

朝っぱらから起きてやっております。

 

朝っぱらからやるのはいいけど、その日が仕事だと

業務に支障をきたすかもしれないので、いつも休みの日にやっています。

 

今日は5.0km。

 

 

 

朝の6時から友達とサーフィンする約束です。

 

サーフィンといっても、ネットサーフィンじゃないよ!!

海でやるやつです。

 

今どきは、その時間帯がサーフィンに適しているそうで・・・。

僕は知らなかったのだけど、

サーフィンって満潮時にするものだそうです。

 

そして、これも知らなかったのですが、

潮の満ち引きは1日の間に2サイクルあるらしくて、

朝の6時にできるなら、夕方の6時もできるそうですよ。

 

 

あれ?満潮とか干潮とかって、月の引力の影響じゃなかったっけ。。

月が上にあるときに、満潮になって、

反対にあるときは干潮になる、

そんな話を聞いたことあるような気がするけども、

じゃあ、月って、1日のうちに地球を2週してるのかな!??

 

ん???

わからない。。

 

  

サーファーの友達に誘ってもらったのだけど、

サーフィンなんで今日までやったことないので

どんなものかよくわかってませんでした。。

 

サーファーのSさん・・・いや、師匠と呼ぶことにします。

サーフィンの師匠。

 

最初は糸満のスーサイドという場所でする予定が、

波の状態がよろしくないと言うことで、うるま市の天願へ。

 

スーサイドはクローズアウトだとかなんとか言ってた。

 

クローズアウト:Close Out

 波が大きすぎてサーフィンが出来ない状態を言う。

 ビーチブレイクは比較的クローズアウトしやすい。

 

とのことです。

 

 

・・・ん? うるま市?

 

ピンとこなかったのですが、

うるま市というのは僕が住んでるところから

30km以上離れてるところです。

 

B'z聞きながらテンションを上げつつ、

空いてる夜明けの道路を走りながら、

「師匠はいい趣味してるよ。」

と思ったのでした。

 

でも、サーフィンなんて、

最初からボードの上に立てるほど容易ではありません。

 

師匠はボード貸してくれたけど、初回目の今日は

海水と戯れるのが主目的でした。

 

海に入ることなんて、すごい久しぶり。

海に来ること事態、久しぶり。

 

だから、まずは海と仲良くなろうかな、と思った次第。

 

 

ちょっと沖のほうには、プロのサーファーがいっぱいいます。

 

あのサーファーよりは内側にいた方がいいだろうな、

と思っていたので、そこらへんをうろうろしていたのですが、

自分が知らないうちにサーファーよりも沖のほうに流されておりました。。

 

これは、いくない!!

と思って岸の方に帰ろうと思ったところ、

大きな波に襲われました。

 

サーファーはここぞをばかりに

その波に乗って僕のほうに突進してくる・・・

僕がいた場所も悪いと思いますが、

サーファーは僕にぶつからないようにすばやく回避しました。

 

そして、プカプカ浮いてる僕はなされるままに。。

 

ウゲー。

と思いながら、気づくと師匠に貸してもらったサーフボードが

遠くの方に流されてました・・・。

 

知ってますか?

僕は今日知ったのだけど、サーフボードには、

自分の足とつなぐ命綱がついています。

 

だけど、今日、波にのまれてその命綱がぷっつり切れてしまいました。。

あ゛~、師匠の所有物なのに~。。。

と思いながら、ボード追いかけました。

 

その間にも4~5回波がやってきてさ~、困った。

 

 

岸の方でのんびりしとこうと思いつつも、

また知らないうちに沖のほうに出てて、

自力で岸に戻れなくなってしまいました。

 

師匠はそっちは潮の流れがあって危ないから、

早く岸の方に戻れ! と言う。

 

僕は一生懸命戻ろうと手でこいでいるものの、

果たして前進してるのかよく分からない景色。

 

しまいには他のサーファーにまで助けてもらって

ようやく岸までたどり着きました・・・。

 

カレントにハマった、どうのこうの・・・

師匠は他のサーファーとそんな会話をしてましたけども。

 

カレント:Current

 海岸付近の水の流れは多様である。波がブレイクすると、

 水が打ち寄せるエネルギーが逃げる所がある。

 たいがいは他より深くなっている場所で、沖に向かって流れている。

 その流れの事をCurrentという。またその場所の事をChannelという。

 CurrentとChannelはほとんど同意語として使われている。

 

とのことです。

 

 

山で遭難になったら、自衛隊のヘリなどで助けてもらえるけど、

莫大な費用がかかります。

でも、海で漂流された場合に海上保安庁のヘリなどで助けてもらう場合、

料金はかからないそうです。

 

料金はかからないって言っても、初回目から

ヘリのお世話になるのは嫌・・・。

嫌と言いつつも命には代えられないわけで・・・。

 

 

身の危険を味わって、サーフィンの恐さを実感したのでした。

 

サーフィンあなどれない。

サーファーというと、僕はチャラチャラしたイメージを抱いていましたが、

彼らの腕力はものすごいです。

 

よく見る光景だと思いますが、サーフボードにうつ伏せになって

両手で波をかいている仕草。

パドリングというらしいです。

 

パドリング:Padlling

 水上を移動するために行う動作のこと。サーフボードに

 腹這いになり、水泳のクロールのように水を漕ぐこと。

 テイクオフはパドリングの強さによってに決まると言って良い。

 

とのこと。

 

 

一見簡単そうなんですが、やってみると難しい。。

何度もこいでると、腕の疲労がハンパない。

サーファーの腕力はバケモノ並みだと思いました。

すなわち、モンスター。

 

 

そんなこんなで洗礼を受けたと言っても過言ではない、

サーフィン初体験。

 

辛いし、きついから、もうやらない!

と言うには十分すぎるほどの経験でしたが、

機会があればまたやりたいなーと思いました。

 

 

背中がヒリヒリ焼けてる、痛い。。

| | コメント (4)

2006年9月23日 (土)

なんかあったこと。

最近は、何か出来事がないと記事を書く気分になりません・・・。

 

何も出来事なくたって前までは、こまめに更新してたのにな~。

 

見てくれてるかどうかはともかく。

 

 

今日は、自分にとって、とても大きな出来事があったので、

報告したいと思います。

  

「僕の見た秩序。」というサイトをご存知でしょうか?

大学在学中にそのサイトの存在を知り、

今まで見続けてきてるわけですが、

1日10万アクセスくらいあるサイトです。

 

たまにトークライブとかするし、

auにも登録されてるくらいのすごいサイト。

 

面白いです。

 

 

で、この前僕の見た秩序。のオーナーであるヨシナガさんの

記事にコメントをしました。

 

やせすぎ判定」という記事なのですが、

「BMI=18以上→やせ

BMI=22→標準

BMI=25以上→肥満」

と写真に記載されてたので、

「BMI=18以上が『やせ』もおかしいですよね!」

ってコメントしました。

 

そしたら、お便りをくれた人の名前紹介の項目に

「やびさん」って書いてあるのさ~~~。

 

いつの日か、「僕秩。」に名前が載ればいいな

と思っていたので、今日はすごくいい日です☆

 

(他の人にとっては、どーでもいいことなんだけどね。。)

 

 

 

P.S.

 

今の今まで、僕は好きな人に告白したことなかった。

 

かと言って、告白する必要がないほどモテるというわけでは決してない。

 

 

だから、チャレンジしてみました。

 

でも、たぶん、ムリだろうな。

良い結果期待しないで待ってる。

今はそんな状態。

| | コメント (2)

2006年9月18日 (月)

こんにちは。

すごく久しぶりなので、

久しぶりの挨拶すらしたくなりました。

 

ご無沙汰してます m(_ _)m

 

 

こんだけ更新を怠ったのは

ブログ始めて以来初めてなんじゃないかな、

っていうくらいのまなけよう。

 

数少ないながら、見てくれている人がいるかもしれないのに、

わざわざ来てくれた人をガッカリさせるのは気が引けます。

 

でも、更新してない間もいろいろありました。

 

久しぶりで、ブログの書き方を多少忘れてる。

近況報告でも・・・

 

 

日頃、あんまりメールしない僕が、

1日のうちで必ず1往復はメールのやりとりする相手ができました。

 

ひとみさん(仮名)ではないのだけども。

 

かと言って、出会い系サイトのサクラとかでもないよ。

 

 

近況かぁ・・・

 

あ。

 

昨日は、仕事初めて史上、一番長く働きました。

 

朝8時から深夜1時半まで。

 

 

ホントは夕方の5時くらいに仕事を上がろうと思ってたのだけど、

5時からやってきた、夜勤帯のシフトの人に

「新人なんだから、もうちょっと残業していけば?」

みたいな感じで言われて、2~3時間程度ならいっか、

と思っていたものの、9時を回り、10時を回り、11時を回り・・・

 

その日の夜勤帯の人は、部署内でも一番偉いクラスの人なので

提案は断らない方がいいかな、と思ったのと、

別に遅くなってもイライラしないし、と思ったので

その人との話の流れから、次の日の朝、

その人が夜勤帯を終えて帰る頃に僕も一緒に帰ろう。

 

・・・そう思って、職場で泊まろうとすら思っていました。

 

24時間労働なんて、やったことないし、ちょっとやってみたいし、

どうせ次の日は休みだから・・・

っていう気持ちだったのだけど、

「朝までいられるなんて、こちらとしては迷惑この上ない!」

と言われて、深夜1時半に帰らされた次第。。

 

半ば強制的に残業をさせられて、

やるんだったらとことんやってやるぞ!

って意気込んだところで、出鼻をくじかれた気分。

 

自分的にはとても中途半端な感じだったので

職場で泊めてもらう許可が得られなくてすごくイライラしてしまいました。

 

やる気があるんだから、やらせてくれればいいのに~、みたいな。

 

 

愚痴ってしまいましたね、久しぶりの更新なのに。

 

 

あ、今日はボウリングしました。

本当はカラオケに行く予定だったけど、

どこも満室だったのでやむをえず。

 

1ゲーム目、160点。

2ゲーム目、122点。

3ゲーム目、131点。

 

実は、4日前にも偶然ボウリングしていて、

その時はだいぶ久しぶり。

 

1ゲーム目、81点。

2ゲーム目、116点。

3ゲーム目、127点。

4ゲーム目、113点。

 

久しぶりなのに、4ゲームもしたので、翌日翌々日は筋肉痛でした。

 

今日の160点はまぐれだろうけど、

4日前の81点にもビックリでした。

倍くらい違うし。。。

 

 

近々、メールのやり取りが毎日絶えない人と飲みに行く予定です。

くそぅ、、「今度デートしに行こう!」とか、交際関係にある間柄だったら

なんの気兼ねもなく言えるんだろうな、とか思ってしまう。

 

職場の新人歓迎会の現場の下見が飲む主目的です。

僕も新人ですが、僕より後から入ってきた新人の

歓迎会の幹事をまかされてしまったものだから。

 

でも、今思ったけどコース料理って2人でも注文できるんかな・・・?

| | コメント (3)

2006年9月11日 (月)

MCってゆーの?

報告してませんでしたが、やえさん(仮名)の後にも

新人が入ってきました。

 

趣味がサーフィンらしい。

それは、僕にとってとても威圧感のある高尚な響き。

 

サーファーなので、Sさん(仮名)としますが、

近々、Sさん(仮名)にサーフィン教えてもらう予定です。

やったことないし、やってみたいし。

 

 

それはともかく、

やえさん(仮名)とSさん(仮名)が入職したということで、

歓迎会が催されることになりました。

 

で、幹事は誰なのかな、という話なんですが。

 

知らないうちに僕がやることになってました!

 

 

僕だけではなく、他にももう2人いるのですが、

どちらも女の人なので、ここはやっぱり

僕が引っ張っていくべきなのかなって・・・。

 

大学の時も研究室で飲み会の幹事をやらされたことがありましたが、

僕が何も動かないので、パートナーの女の人に日取りや場所決めも

全部やらせてしまって申し訳ありませんでした。

 

あの失敗を二度と繰り返さないように、と思いまして。

 

実際はひとみさん(仮名)から釘を刺されました。

 

それで、本格的にやる気を出してるわけですが、

場所は大方目をつけています。

 

出勤の日がなかなか合わないので

まだ他の幹事2人に何の連絡も取ってないけど、

勝手に進めてしまってます。

嫌って言われたら後で変えればいいかなという考え。

 

 

今日は休暇です。

 

本日の予定としてはB病院に行って科長に日程の調整をお願いし

飲み会現場に下見しに行って様子を伺います。

パレットくもじ付近なので、ついでに献血もしようかなとか思ってます。

献血したら、駐車場優待券をもらおうかなと思ってます。

 

あと、関係ないけどこの前の先輩の結婚式で僕が撮った写真の中に

衝撃の一枚が入ってることをB病院に勤めてる別の先輩に指摘され、

それのお店プリントも今日の予定に入っております。

衝撃って言っても、その先輩が不意に

フラッシュで真っ白な顔になってるおもしろ写真なんですけども。

 

 

ただ、今朝気づいたことには、飲み会ってだいたい夜するものだから

真昼間から下見に行くって言っても、店開いてるのかなっていう。。。

 

 

まずは電話からですが、どうせ外出するなら幹事のための本とかも

見に行こうかなと思っています。

 

 

成功するといいなぁ・・・。

成功させたいなぁ・・・。

| | コメント (1)

2006年9月10日 (日)

auシカ

・・・というキャラを知っていますか?

 

僕は、内地から沖縄に帰ってきた時、

その存在に大いにビックリしました。。

 

 

ドコモダケは知ってたけど、

auシカは知らなかった。

 

 

Au

 

 

↑こういうキャラなんですけども、

これって、どーみても・・・。

 

 

auシカとは・・・

雄鹿の『auシカ』。

慶良間諸島のとある島の生まれで、

年齢は不詳だが天然記念物でもある。

 

気は優しく臆病だが、

auの携帯電話の話になるとこだわりが強くなる。

 

そして、好物はキノコで、食べる時は目を血走らせ、

狼のように変貌する(実際に鹿はキノコを食べることがあるという)、

という設定だ。

 

つまり、NTTドコモのドコモダケをかなり意識している。

親会社KDDI社員の「~だけ、と言っているキャリアがあるが、

auにシカ(しか)出来ないサービスを提供する」発言から

生まれたようだ。

 

2005年春に展開したキャンペーン新聞チラシ広告が初出。

しかし、その後「やり方が露骨すぎる」などの反響があり、

露出が途絶えたため、一部では

『幻のキャラクター』視されて来たが、

6月から7月にかけてのキャンペーンで本格的に登場し、

最近ではEZムービーで動画配信等もされている。

 

 

・・・とのことです。

 

好物はキノコかぁ、なるほど!

キノコを食らって生きてるっぽい。

 

 

オリジナリティが気にかかるところですが、

僕もauユーザーだし、天然記念物らしいので、

手荒なツッコミはやめておきたいと思います。

 

auばんざい。

| | コメント (0)

2006年9月 8日 (金)

つんでれ?

僕はね、運命というのはあるような気がするんです。

 

ひゃくぱー、信じてるわけではないけど、

少なからずあるような気がします。

 

 

今年の始まりに友達と初詣しにいきましたが、

そこで引いたおみくじには、

 

「待ち人・・・きたりがたし

 恋愛・・・ちょっと待ちなさい」

 

とか書いてありました。

1月1日の記事参照。

 

 

まぁ、「運命に逆らうことはできない」

って言う人がいるんであれば、そうなんだろうな、

って否定はしません。

 

僕の生き方として、

「これは運命だから、○○じゃないといけない!」

とかそういう考えは一切ないので、運命なんてあってないようなもの。

 

都合の良い回し文句だと捉えています。

運命についてもっと深く語るつもりはないので終わります。

 

 

まだ期は熟していない、っていうか、

果たして僕にチャンスはあるのか!?

みたいな感じなのですが、

この前職場の中で初めて会った人とアドレス交換しました。

(出会える場所限られてるんだ、僕の場合。。)

 

 

実際に話しているときは、ちょっと気が強くて

我が道を行く!

という感じの人だな、と思いました。

 

連絡先教えてください、って言った時に、

職場の内線番号とか教えてくれた辺り。

 

 

でも、メールだと口調も書き方も違うし、なんだか、甘い。

 

 

これが俗に言う、ツンデレですか!?

と実感したのでした。

 

 

・・・「ツンデレ」って知ってますか?

 

ツンデレとは、

「普段はツンツンとすげない態度を取るが、

一定の条件下では態度が急変してデレデレといちゃつく」

という状態・光景、人物を指す言葉。

語感の似た『ツンドラ』や『シンデレラ』とは一切関係ない。

 

だそうです。

 

 

秋葉原を中心に普及してるみたいです。

イヤ、実際はよくわからないけど、なんとなくそんな気がします。

 

 

ツンデレに萌え~

 

っていうのは、オタク特有の感情なのかな、と思っていましたが

実際に「ツンデレ」されると、

そのギャップに不意打ちされたような気持ちになりました。

 

明言は避けますけども。

 

 

とゆーか、あの彼女が果たして

「ツンデレ」なのかはわかりませんけどもね。

僕は自分の判断で「ツンデレ」とか言いましたが

ホントはちょっと違うのかもしれない。

 

ゆうべは、そんな彼女と飲んでました。

 

 

例のごとく、話してた内容はあんまり覚えてないのですが、

とりあえず、「パナウェーブ研究所」とか、

「最高ですかー?」とかそういう話で盛り上がってました。

 

懐かしすぎるw

 

 

 

P.S.

 

今週はもう3回も飲み会がありました。

1回目が先輩の結婚式で

2回目が職場の人とロワジールで焼肉食べ放題。

3回目が昨日。

 

肝臓に負担かけてる、ごめん。

| | コメント (0)

2006年9月 6日 (水)

仮面ライダー時勢

昔からおなじみの仮面ライダー。

 

仮面ライダーの番組はあんまり見たことないけれど、

あまりに有名すぎる為、こんな僕でさえ

 

●人造人間

●バッタが由来

●悪いヤツら(ショッカー)と戦っている。

●戦闘中、ベルトがクルクル回り、風力発電している

 

↑これくらいの知識は持ち合わせているほど。

 

 

ウルトラマンの歴史も長かったけど、今はやってるのかわからない。

○○戦隊ものもさることながら、仮面ライダーも健在だ。

 

毎日曜日の朝8時からやってるのは知ってたので

今の仮面ライダーはどういう按配なのか、最近見てみました。

 

そしたら、ヤバイw ということに気がついたのでした・・・。

 

 

仮面ライダーホームページ

 

↑テレビを見ていたときにも思ったのですが、

キャストの中で、主人公と思われる「天道総司」という人物。

なんだか、デスノートの「L」っぽいな。

 

今は風貌もそうだし、しゃべり方とかもそんな感じがしました。

 

演技であれだけできるのなら、「L」を演じたら

けっこう近いところまでいけそうな気がする。

 

映画のデスノート(前編)を見たときの「L」は

確かにマンガに出てくる「L」っぽかったけども、

僕の人選としては天道総司こと水嶋ヒロに

「L」を一度でいいから演じてもらいたいと思ったのでした。

 

でも、それ以外でも「夜神 総一郎」みたいな人とか、

「レイ・ペンバー」みたいな人とか「南空ナオミ」みたいな人とか

いるような感じで、仮面ライダーの製作監督も

まんざらでもない気もしましたけども。

 

 

 

それから、一番気にかかったのが、仮面ライダーのモチーフが

バッタではなく、カブトムシということです。

番組名が「仮面ライダーカブト」だし。

 

僕的には、

仮面ライダー=バッタの化け物

という意識があったため、仮面ライダーが

バッタモチーフじゃないというのは大原則を覆している気がしたのです。

 

バッタじゃなきゃ、仮面ライダーじゃないだろ!

みたいな勢いで。

 

 

よくよく調べてみたら、カブトムシの他には

クワガタムシ、スズメバチ、トンボ、サソリがモチーフの

仮面ライダーが仲間とのこと。

 

ウィキペディア参照。

 

なんだそら?

まさか、今流行の「ムシキング」に、かこつけているのか!?

 

と思わせるほどの衝撃。

 

 

★子ども(たいていは男子)は仮面ライダーが好き。

★子ども(たいていは男子)はムシキングも好き。

 

だったら、両方くっつければいいのでは??

 

 

という、製作監督の短絡的な考えが見える気がするのは

僕の偏見でしょうか。。

 

 

「クワガタ」とか「ガタガタ」とか

そういうあだ名をつけられてきた経緯がある僕にとっては

クワガタムシがモチーフの「仮面ライダーガタック」という登場人物に

興味を惹かれます。

 

 

「ガタック! いっけぇ~~!」

などとヒーローに自分を重ねて

声援を送っている幼少の自分が容易に想像できることが恐い。

 

 

・・・まぁ、そういうわけで

仮面ライダー時勢もたまにはチェックしていかなきゃな、

ツッコむべき箇所には、ちゃんとツッコんであげなきゃな、

という義務感のようなものを抱いたのでした。

| | コメント (1)

2006年9月 4日 (月)

先輩の見たことない姿。

昨日は、先輩の結婚式でした。

 

結婚式に出席するのは初めてだったのですが、

とても楽しかったです。

 

結婚式ってこういう感じなんだな~って思いました。

正確に言うと、結婚披露宴なんだけど。

 

 

他人とは言えども、同じ職場で働いている先輩の結婚式。

 

日頃から先輩の姿を見ることは度々あるので

ある程度のことは知っているつもりでしたが、

結婚式の昨日、僕が見たことがない先輩を目の当たりにしました。

 

あぁ、先輩はこんな面も持ち合わせてるんだな、

って感じました。

 

 

あの、新婦が両親に宛てた手紙を読む時とか、

やや嗚咽気味の声に、うるっときてしまいました。

 

僕の近くには、今年の10月に結婚する先輩がいたので

「もし、俺が新婦だったら、オエオエ言って何も言えなくなりそう。

 新婦じゃなくても、新婦の嗚咽につられて

 胸が詰まって言葉がつまりそう。

 30分くらいそのままの状態が続いたら

 『・・・では、花束だけでも。』とか司会が妥協しそうだ。」

という感想を漏らしていました。

 

 

あぁ、結婚したいな、とちょっと思いました。

 

 

 

 

 

二次会。飲み。

 

新郎の友人が仕切ってくれて、盛り上がっていました。

 

早飲み大会とか、100円ゲームとか、盛り上がっていました。

 

 

100円がなくて、ちょっとあせった。

そういうわけで、先輩から100円借りました。

明日、100円返します。

 

 

二次会では、いつもお世話になってる先輩も来ていました。

仮にA先輩としますが、この先輩は僕が信頼を置いている人です。

以前、「僕はひとみさん(仮名)が好きです」と打ち明けたのは

この先輩です。

 

A先輩は他の人の結婚式に参加していたようで、

二次会は顔出し程度のつもりだったそうですが。。

 

 

 

 

 

三次会。飲み。

 

僕は、二次会で家に帰るつもりでした。

結婚式は朝からやっており、披露宴が正午。

二次会は4時半開始だったので、

三次会が始まる時刻はせいぜい8時。

 

お酒を飲むと眠くなる体質なので、

「眠いです」と訴えたら「まだ八時だよ!」

と指摘されました・・・。

 

 

「先輩が言うことは、とりあえず聞いておけ!

 入職して半年過ぎるまでは、とりあえず聞いておけ!」

って、半ば酔っ払ってる先輩に言われるままに

三次会についていきました。

 

 

三次会の終わり間際。

 

A先輩がやってきました。

 

 

もう帰ったと思ってましたけども。

 

 

来た時はフツーに見えたのですが、

どうやらかなりアルコールが入っている模様。

 

遠目ではフツーだけど、近くではあきらかに酔っ払い。

 

 

「アハハ~♪」 

とか言いながら、抱きついてくるんです、A先輩。

背中に胸が触れている。

 

「やびく~ん、女の人にこんなことされたらうれしい?」

とか言いながら、頭を僕の肩に寄りかけてくる、A先輩。

香水の良い匂いがする。

 

「ねぇ、銀色のつなぎ目が見えてるから、直して!」

とか言いながら、首からぶら下げてる数珠みたいな

アクセサリーを僕に直させようとする、A先輩。

僕も多少酔ってるので、

細かい作業をしようとすると手元が震えてました。

 

「もう酔ってるからさ~、ちゃんと家まで送ってね。」

とか言いながら全体重をかけてくる、A先輩。

A先輩の、暖かくてプニプニしてる肌に触れました。

 

プニプニというのは、太っていることを意味するわけではありません。

実際、A先輩はやせてるけど、プニプニしてる、触ってて心地良い。

こんな場面でも、変人的な着眼点を忘れない僕はある意味、

終わってる。

 

 

改めて言いますが、A先輩は僕が信頼を置いている人です。

職場で一番信頼できると思っていたけど、

ゆうべの先輩は、ひとみさん(仮名)の話題を持ち出そうものなら

「やび君の好きな人はぁ・・・」

って声を大にして大々的に発表しそうで恐かった。

 

 

あんなA先輩の姿、今までに見たことなかった。。

 

多少幻滅はしたものの、「大丈夫ですか?」

となだめている僕も、まんざらではない。

新郎側の人に「Aさんとやび君は付き合ってるの?」

と茶化されるのも、まんざらではない。

 

というか、むしろドキドキした。

いつにない、女の人との急接近に、ちむどんどんした。

あの香水の匂いがトラウマになりそうな勢いで。

 

 

「男はオオカミなのよ、気をつけなさい~」

と、ピンクレディーも歌っているのだが、

そんな教訓は全く活かされていないようでした。

 

 

 

 

 

四次会。カラオケ。

 

メンバーはもはや5人。

 

うち、うちの薬局職員が4名であと1名は新郎側の友達。

 

 

うちの薬局職員4名のうち、

結婚式の翌日である今日が休みなのが2人。

その中にA先輩もいます。

 

残り2人の中に僕もいるわけですが、

四次会終了時刻が深夜3時。

家に着いたのが3時半。

 

A先輩はカラオケが終わるまで飲んだくれていましたが

終了後、タクシーで家のまん前まで送ったからたぶん大丈夫です。

 

 

僕は家に帰ると同時に顔を洗い、歯を磨き、

スーツを脱いで着替えてすぐ寝ました。

風呂・・・というか、シャワーは起床後に浴びましたけども。

 

 

睡眠時間2時間半。

起きた直後が一番辛かったけど、

なんとか無事に一日が終わったようです。

 

調剤ミスもなく、なんとか終わったようです。

 

 

安否を気遣ってA先輩にメール送りましたが、

メール口調がいつもの通りだったので、

なんとか回復したみたいです。

 

記憶があるかどうかは定かではありませんが・・・。

| | コメント (1)

2006年9月 2日 (土)

電撃結婚!

Dscf2752 

 

 

↑結婚招待状。(一部画像修正あり)

 

 

今月、結婚します。

 

 

もう、招待状もできあがって、みんなに配ったけど

そちらには届いていますか?

 

ごめんね、

「僕は、とても結婚できそうもない」

とか、記事で幾度となく言っていたけれど、

結婚することになりました。

 

結婚のことは、一度も言ってなかったかな。

 

きっと、みんなびっくりしてるだろうな~。

 

 

これぞ、まさに電撃結婚。

 

 

 

・・・え!?

招待状、来てない?

おかしいなぁ。。。

 

 

 

もうそろそろ、いいかな!?

引っ張るのも、そろそろいいかな。

 

結婚するのは、僕ではなく、職場の先輩です。

(あ~、やっぱりね! とか、声が聞こえるけど、聞かないフリ。)

 

 

結婚式の招待状をもらったのは、今回が初めてです。

 

周りの人で「私、結婚します!」

っていう人、いなくて、今まで一度も参加したことなかった。

 

親戚においても、

母方のいとこも、父方のいとこも、

僕と同じ歳かそれ以下の人が多いので

「親戚の中で、結婚するなら、まずはやびだろう?」

みたいな状況です、生まれてきた順番的には。

 

 

ところで、結婚式に一度も行ったことない僕としては

「結婚式の常識」とも言える、そういうのが一切わからない。

 

何を着て行けばいいのかもわからない。

 

どういう心構えで行けばいいのかすらも・・・

 

 

大きなミスをしないためにも、勉強しておかなければ。

 

 

最近、職場から帰ってくるのが遅い日があるのですが、

それは、その先輩の結婚式の余興の練習の為です。

 

やるなら、ちゃんとしたものをやりたいけれど、

ホントに本番までもう時間がないので、切羽詰ってる感じです。

 

10月にも、別の先輩の結婚式があるので、

今回の先輩のための余興の練習が終わったとしても、

くつろげそうもありません。

 

 

自分は結婚できないから、他の人の結婚式に

出席するくらいでしか会に参加できないので、

人生経験の一つとして行ってみたいと思います。

 

式場には車で行っても問題ないのかな。

普通の結婚式は、アルコール飲むのかな、

帰りとかどうするのかな。

挨拶などの、式の流れは一般的にどういう感じなのかな。

 

わからないことが多すぎ。。。

| | コメント (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »