« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

パソコンくたばりそう。

最近、僕が使っているパソコンが不調です。

 

本体の電源を入れても画面がつかなかったりします。

 

モニターが悪いのかな?と思っていたけども、

キーボードなども反応していない様子なので

もしかしたら本体がおかしいのかも。

 

おかしくなった、と思って二度とつかないのかと思ってたら

次の日に電源のスイッチ入れたらフツーについたりする。

 

 

本体を購入して3~4年位経つのかな。

DELLとかNECとかそういう有名メーカーのパソコンかどうかで

長持ちするかどうかの尺度になりうるのかはよくわかりませんが

僕が使っていたのはそういうのではないので

さらに心配なわけです。

 

なんか、バックにそういう一流企業がいた方が

なんとなく安心するでしょ!?

しませんか?僕だけですか?

 

そろそろ買い替えどきなのかと思ってヤマダデンキとか

見て回るのですが、また大きな出費になるのかと思うと

財布を開くのを躊躇します。

 

とりあえず、完全にポシャる前にデータだけでも

保管しておこうと外付けハードディスクなどの購入を考えているわけです。

・・・ポシャるってこういう使い方あってんのかな。

「計画がポシャる」とかいう使い方なら違和感ありませんが。

まあいいか。

 

 

最近だるい。

 

 

・・・あぁ、我ながらあいかわらずなグダグダ日記ですね。。

|

2007年7月28日 (土)

メルアド変更。

最近、パソコンのメールアドレスを変更しました。

 

・・・というのも、毎日すごい数の迷惑メールがやってくるので

そろそろ、うっとうしくなってきたためです。

 

ヘンなサイトにメールアドレスを登録した記憶はないのですが

日に日に迷惑メールの到着数が増えてるような気がする。

それを職場の同僚に打ち明けてみたら、

「ブログやってたんですか?

 たぶん、ブログでメールアドレスを載せてたのが原因ですよ」

とのこと。

 

どうやら、ブログなどのトップにメールアドレスなどの連絡先を

晒していると、迷惑メール業者が作り上げたプログラムによって

自動検知され、自動的に迷惑メールが送信されるらしい。

 

しかも、送信元のアドレスもしょっちゅう変わるため、

一つのアドレスを着信拒否設定したとしても

別のアドレスから迷惑メールが送られてくるという徹底ぶり。

 

ブログで今はアドレスを載せていなくても、履歴はネット上に残るため、

それを検知した迷惑メール自動生成プログラムは

勢いをとどめることなく、じゃんじゃか迷惑メールを送ってくるらしいよ。

 

なので、アドレスをネット上に載せる場合は

迷惑メールが送られても大丈夫なようにダミーのアドレスを作って

大事なアドレスとは別にしておいた方が良いらしい。

なーるほど。

 

もうね、1日の迷惑メール件数が50件以上だよ。

 

ほとんどはフィルタによって迷惑メールボックスに放り込まれるのだけど、

それでもやっぱり、十数件は受信ボックスのところに迷い込んでくる。

 

いちいち選択して削除のボタンをおさないといけない。

そういう処理をする時間が本当に無駄に思えたから、

メールアドレスを変えた次第。

 

もう教えないよ。ブログには載せない。

 

たぶん、誰にもバレないアドレスです。

考えるのがめんどくさかったので、そのとき考えていたフレーズを

そのままアドレスにしました。

 

新しいアドレス、言ってみたいけど、、、言えない。

 

 

 

P.S.

明日は職場の先輩の結婚式です。

お祝儀も準備したし、着ていく服もオッケー。

午前中は参議院選挙の投票に行って、午後から結婚披露宴。

 

・・・なんだか大人びたスケジュールですね。

ふと、そんなことを思いました。

 

僕にとって類まれなるケースです。

 

 

最近の話なんですが、

僕が中学生以来の同級生からハガキが届きました。

「結婚しました」

っていう報告の内容のハガキです。

 

中学生時代は僕と同じクラブで一緒に

ペットボトルロケットの研究をした仲間の一人です。

 

中学を卒業してからはほとんど会ってなかったけど、

年賀状のやり取りくらいはしてた。

 

新郎とは、出会ってから10年くらい経つのかな。

 

・・・僕が親しくしてきた友人が結婚したのって、

今回が初めてかもしれない。

こうやって、一人二人・・・どんどん既婚者になってゆくんだろうなー。

 

僕には結婚の兆しなどまったく見えないけれども。

 

 

 

P.S.P.S.

 

今日は、ご無沙汰してる先生から連絡がありました。

大学の研究室の先生です。

 

唐突に着信があったので取ろうかどうしようかちょっと悩んだ。

僕が住んでいる沖縄に来る機会があるからちょっとお茶でもしましょう。

という内容。

 

久しぶりに会う先生なのでちょっと緊張する。

何を話したらいいんだろう。。

|

2007年7月22日 (日)

結婚式。

一週間後に職場の先輩の結婚式があります。

 

けっこう最近結婚する方多いみたいです。

 

それで、僕も呼ばれたので参加することになったのですが、

今回で結婚式に参加するのは2回目です。

 

前回は初めての結婚式だったから反省点多々。

今回は上等な祝儀袋にちゃんとピン札も用意した。

↑たぶん、そんなのは常識なのかもしれないけども。。

 

Dscf3084 

 

他の先輩に聞いたら、結婚式には1万円が普通らしいよ!

沖縄は1万円が常識らしい。前回のときに初めて知った。

新郎新婦との間柄にも関係するのかもしれないけども。

 

「冠婚葬祭とマナー大辞典」というバイブルを手に入れたからな。

今回は前みたいなヘマはしないでおこうと思います。

・・・どんなヘマをしたのかまでは述べませんけども。

 

Dscf3085 

 

 

ふと、結婚式にふさわしいマジックとか覚えてみたいなーと思いました。

自分にもできそうなのは、いくつか見たことあるけど。

|

2007年7月19日 (木)

頭ん中

巷で流行っているという、

脳内メーカーを体験してみました。

 

やびの脳内はどうなっているかというと・・・

 

Nounai

 

外側を「愛」で囲まれた「食」で囲まれた「金」に包まれている「悪」。

 

入れ子構造になっとる!

マトリョーシカみたいだ。

 

つまりは、やびの本質は悪ということですね。

 

中心(本質)から外側に向かうにつれて

建て前の度合いが強いということだろーか!?

 

 

ふ~ん。

|

2007年7月15日 (日)

B型のタヌキ

平日の朝8時からやっているのですが、

とくダネという番組をみなさんご存知だと思います。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/tokudane/

 

番組の終わり辺りで「血液型選手権」という

血液型占いのようなコーナーがあるのですが、

僕が見るたびにB型ビリけつのような気がする。

 

Dscf3078 

 

B型はいつもタヌキなのですが、見た目からして

メタボリックな感じで徒競走には向いてなさそうだ。

 

血液型ごとに勝率は平等なのか知らないが、

平等でなければB型の勝率は低いに違いない。

 

なんだか、結果を監督している占い師が

B型嫌いの人間なんじゃないか、って思うくらいに。

 

 

・・・気のせいかな。

|

2007年7月12日 (木)

駐車禁止

僕が今住んでいる家ができたころは、

周りに家もあまり建っていなかったのだが、

今はあの頃に比べて近隣住宅が増えた。

 

そのせいか、駐車している車も増えた気がする。

 

僕の家には車庫があるが、車庫の前に車を停められたりすると、

車庫入れにすごく苦労する。。

というか、そういう場所に駐車してはいけないルールとか

あったような気がする。

 

それで、母親のアイディアにより、写真のようなものを

うちの前にぶらさげてみたそうです。

 

Dscf3074

 

 

見るからに手書き~~。

 

こんなんで効果あるんだろうか、、、と疑問に思ったのだけども、

職場から家に帰ってきて驚いた。

 

Dscf3076

 

オォォ!!

 

 

ぶらさげたところだけ避けて駐車されている!

 

まさか、あんな手書きでもこれほど効果があるとは。

 

うちの隣にも家はあるのですが、この「駐車禁止」設置によって

車庫入れしづらい、という感じはなさそうです。

 

・・・つーか、路駐じゃなくて駐車場に停めろよ、って話なんですが。

|

2007年7月 7日 (土)

ななゆう。

今日は七夕ですね。

 

こういう時期は病院の中にも、いつのまにか笹が現れているもので、

僕が気がついた時には短冊に様々な願い事が書かれていました。

 

 

童心に返って僕も願い事など書いてぶら下げてみようか、

と思ったので、パッと思い浮かんだ願い事をつるした次第であります。

 

 

Dscf3070 

 

 

これ以外にも

「オートバイで事故りませんように」

というのも書いた。

 

僕のような貪欲な人間にも織姫様や彦星様は

手を差し伸べてくれるのかなぁ。。

 

 

ちなみに、台湾ではバレンタインデーみたいに男女が

プレゼント交換するそうですよ。

大変だね。

|

2007年7月 5日 (木)

二輪車。

最近、普通自動二輪の免許を行使しております。

 

7年くらい前、高校時代にバイクの免許はとったのですが、

それ以来、バイク本体を買う気もわかず、公道を走ることもなく、

今まで時が過ぎた。

 

もう、ギアチェンジの必要なバイクには乗れません。。。

 

なので最近は家で眠っていたスクーターに乗って出勤しています。

晴れてるときはね。

 

最近はアホみたいに晴れが続いているので、

毎日オートバイですよ。

 

やっぱり四輪車よりも二輪車の方が身軽な感じがする。

 

今の季節は涼しくてちょうどいい。

それに目的地に着くまでが自動車よりも早い。

自動車よりも燃費いいし。

 

考えてみたら利点がいっぱいあることに気がついたんだ。

事故らないように気をつけてます。

 

ただ、運転中に「あぁ、これはちょっと危険運転だったかな~」

って反省する点もしばしばあって、緊張感があります。

 

横に曲がる車に巻き込まれないように注意したり、

自動車の流れに乗り遅れないように注意したり、

路面の障害物に注意したり。

 

雨の日は車に乗ろうと決めているので

今のところぬれている地面の上を

自動二輪で走ったことはないのですが

雨の中バイクに乗るときのことも考えて

晴れている日でもマンホールはなるべく避けるように走ったりして

ステアリング技術を磨いているわけです。

 

バイクの曲がり方を忘れちゃってさ・・・

ハンドルを曲げるのではなく、

体重移動して車体を傾けて曲がるんだっけ?

そのせいで僕の場合、曲がる角度がすごく小さい。

 

スピードを十分に下げてないと、あやうく激突しそうになる。

何もないところで自分から壁に自爆するなんてアホみたいだ。

他人を巻き込まないだけマシなのかもしれないけども。

 

もう、オートバイ勤務を始めて一週間は経過しています。

今のところ、一番の遠出は国際通りの中の三越です。

 ツーリングもやろうと思えばできそうだ。

してみたいなっていう希望も沸いてくる今日この頃です。

その日、気づいたら肌が露出してるところは日焼けがすごかった。

僕はあまり日焼けは気にしないけども

それは欠点の一つなのかもしれない。

 

|

2007年7月 2日 (月)

猜疑心。

2~3日前、バーに行きました。

 

ただのバーじゃないよ、店のマスターがマジックをするバー。

 

 

僕はマジックを見たいなという気持ちで参加したんですけども、

実際はちょっと違ってた。

マジックはしていたけれど、マスターとしては

マジックよりも心理的な問題に関心がある様子。

 

幽霊の話をしたり、守護霊の話をしたり・・・

 

 

たしかに、そういう話もするっていうのはあらかじめ聞いていたのだけど

思っていたよりもそっち系のウエイトが大きかった。

手品:心理=2:8くらいか。

 

幽霊とかあまりそういうのに僕は関心がないのですけども、

もしもこの人が言っていることが真実であったならば・・・

という仮定で話をまじめに聞いてました。

 

そういう話をしゃべる人って僕の周りにいないからさ、

一種の社会勉強をしたような気分。

 

 

 

それはそれでいいんですが、行くまでに

僕はいろいろ葛藤してました。

 

そのバーを教えてくれたのは僕の職場に1ヶ月間

実習しに来ていた大学生です。

 

 

この前、僕がコップから花を出して見せたときに

僕自身マジックに関心があると思ったんだろう、

バーのマスターが曲げたスプーンを僕に見せてくれた。

 

Dscf3067

 

 

それで興味を持った僕がその店に行ってみたい、と言い出した。

 

その実習生は実習期間中、すごく真面目な方でしたが

どうしてなんだろう、僕は

「だまされてるんじゃないだろうか!?」

と疑ってしまった。。

 

なんてゆーか、僕の思ったとおりに

事がうまく運びすぎていた感じ。

世の中、そんなにうまくいくはずがない、とある程度

僕はわかっているつもりだったのかもしれない。

その思い込みが疑念を発生させたっていうか。

 

 

案内してもらう当日、「やびさんの知らない友達を誘いました」

というメールが着たり、集合時間ぴったりに電話がなるのが

すごく不安をかきたてられてしまった。

 

たぶん、僕はその日調子が悪かったんだよ。

 

「今日は絶好調! 鉄砲の弾でも避けられそうだ」とか、

「今日は何をしてもうまくいかない気がする・・・」とか、

そんな風に日替わりで気分が変わることなんてよくあるじゃん!?

 

おそらく僕はその日、人間不信が強くなる日だったんだ。

 

実習生が僕をワナにかけようとしてるんじゃないか、

と根拠もない疑念を自分の中でブースターかけてしまっていた。

 

場所は松山付近だし、時刻は8時指定。

僕の知らない友達ってまさかヤクザのことでは・・・?

などなど、僕の思考は負のオーラに包まれていた。

 

それで、多額の現金を財布に入れないようにしたり

クレジットカード等使用しないであろう貴重品類は家に置くという慎重ぶり。

後から考えれば、もうそれ病気だろ!

と思ってしまうような状態ではありますがその時の僕は本気だったんだ。

 

「もしかしたらこういうときの勘は当たるのかもしれない、

 神の思し召しなのかもしれない」

など思い込んでいたくらい。

 

 

当然、そんな勘は当たるはずもなかったんだけど。

 

 

でも、勘が外れたおかげで、

今後しばらくの間は普段よりもう少し

前向きで活力のある考え方や行動ができるような気がしました。

実習生とはあまり会話もしてないのでどういう人柄かはよくしらない。

 

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »