« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

いいとも~!

前から思ってたんだけど、

「笑っていいとも!」を現場で観覧しているお客さんって

女性が多くないですか?

 

むしろ、全員女性かと思ってました。

だから、運命的に僕はあの場所にはいけないんだろう・・・

と思っていたのですが、「笑っていいとも!」のサイトで確認してみたところ、

「観覧は18歳以上に限ります。(高校を卒業しても3月末まではダメ)」

と、参加条件に書かれていました。

 

ということは、条件的には僕もオッケーなのかな?

と淡い希望を抱いてしまったわけで。。。

 

 

Dscf3155_2

 

↑実行に移した次第。

参加希望ハガキです。

 

 

あそこで観覧できるのって100人?

 

まぁ、無理だろうけども、ダメもとでハガキ送ってみましたよ。

 

10月に東京に行く予定なのですが、住所は沖縄なので

「あぁ、わざわざ番組のために沖縄から来てくれるのかな。

 これでダメだったら、うちなーんちゅに可哀想だから

 観覧させてあげようかな。」

という、情けにすがったやり方です。

 

汚い手ではないさ。

本当に沖縄から東京へ出向くのだから。

ただ、やたらと「沖縄県」を強調した書き方はどうなんだろう、

と自分でも思いました。

 

 

 

P.S.

番組の内部で「女性限定」という隠れルールが存在してたら可能性ゼロ%。

|

2007年9月27日 (木)

スナック。

一般的に、キャバクラというやつですが、

この前初めて行ってみましたよ。

 

70分部屋にいただけで3500円を取られるという、

常識では考えられないような商売。

 

僕はそんなの、ぼったくり以外の何物でもないと思っていたので

ある意味足を踏み入れてはいけない「ヤバい分野」

だと認識していたのですが、実際に行ってみたら

そんなに大したことない場所でした。

 

しかも、その時は酒を飲んでいなかったので

シラフでああいう場所に行ってもね~、っていう感じなのかもしれません。

 

お金を払っているこちらがもてなされるのかと思いきや、

接客する側が「なんか、楽しい話をしてよ」

って。。

 

なんで金を払ってまで、楽しい話を提供しなければならないんだろう?

と思ったりもしましたが、そういう世界なのかもしれません。

すいぶん楽な仕事だな。

 

客としてきている僕の知り合い「何歳?」

ホステス「何歳だと思う?」

知「ん~、23歳?」

ホ「惜しい。」

知「20歳だ。」

ホ「正解~。」

 

・・・なんだろう、その光景を見ててすごい虚無感を感じた。

「お前、絶対二十歳ではないだろ!」

みたいなツッコミが僕の中で芽生えましたが、そこはグッと抑えて。。。

 

時間とお金を無駄にしている印象は

店に入る前と出た後とでそんなに変わりませんでした。

 

今回は初めてだったので、店の対応の仕方などよくわからなかったけど

もしも次にこういう店に訪れる機会があるなら

今回とは違った意気込みで挑んでみようと思います。

 

どうせ、向こうは営業トークだ。

本音なんて口走っているものか。

100%ウソの塊でもお金をもらえる商売なのだから、

少しでも自分の糧にできるような努力をしないともったいない。

 

 

以上、初めてのキャバクラ体験の感想でした。

|

2007年9月24日 (月)

在庫切れ。

ある日の職場での出来事。

 

 

ドクターがオーダーした処方箋がいつものように

薬局のプリンターから出てきました。

 

 

△△△(薬剤A)  分3 毎食後    7日

●●●(薬剤B)  分2 朝・夕食後  7日

 

 

普通は、処方箋に書かれている薬を棚から集めて

処方箋と一緒に病棟へ上げます。

 

薬剤Aは一般的な薬であり、よく出るので在庫も十分なのですが

薬剤Bはうちで採用しているものの、めったにオーダーされることがないため、

在庫数もほとんどなかったのです。

 

しかも、薬剤Bの添付文書情報を調べてみたら、

別の薬でも代用できそうだったので、

この処方箋をオーダーしたドクターへ電話しました。

 

「先生がオーダーされた●●●という薬の件ですが

 在庫数がほとんどないので、在庫管理の面から

 できれば別の薬に替えていただきたいのですが、、、

 ◆◆◆(薬剤C)というお薬でも代用できそうなのでご検討お願いします。」

 

というような感じの内容。

 

 

特別な理由がない限り、普通なら変更してもらえます。

変更された暁には、変更後の処方箋が新たにプリンターから出てくる仕組み。

 

しかし、その時はどんな理由があったのか知らないけども

なかなかプリンターから変更後の処方箋が出てきませんでした。。

 

もしかしたら、それどころじゃないくらい忙しいのかもしれないので

しばらく待ってみることに。

 

 

             ・

             ・

             ・

             ・

             ・

             ・

 

 

出ない。

 

出ない。

 

 

出ない出ない。

 

 

 

いつまで経っても出ない~~~~~~~~~~~~~。

 

 

と、ちょっとキレかけたその頃、ようやく出てきました。

 

 

△△△(薬剤A)  分3 毎食後    7日

◆◆◆(薬剤C)  分2 朝・夕食後  7日

 

 

 

ふぅ。

 

 

 

P.S.

その晩の出来事。

 

ドクターがオーダーした処方箋がいつものように

薬局のプリンターから出てきました。

 

 

△△△(薬剤A)  分3 毎食後    7日

●●●(薬剤B)  分2 朝・夕食後  7日

 

 

 

また?

しかも、同じドクター。

 

仕方ないので、再度同じ申し出を行うことに。

 

「先生がオーダーされた●●●という薬の件ですが

 在庫数がほとんどないので、在庫管理の面から

 できれば別の薬に替えていただきたいのですが、、、

 ◆◆◆(薬剤C)というお薬でも代用できそうなのでご検討お願いします。」

 

△△△(薬剤A)  分3 毎食後    7日

●●●(薬剤B)  分2 朝・夕食後  3日

◆◆◆(薬剤C)  分2 朝・夕食後  4日

 

 

 

ええぇ!?

 

なんで、そんな中途半端な変更の仕方するの?

7日分全部◆◆◆にすればいいのに、なんで3日分だけ●●●を残す?

 

意味がわからないので、先生に電話する。

 

「お忙しいところ、度々申し訳ありません。

 先ほどの処方箋変更の件ですが、●●●は必要でしょうか?

 7日分すべて◆◆◆に変更できない理由があれば・・・

 あ、特に理由はないですか?では再度訂正の方お願いします。」

 

 

再度、変更の処方箋が発行される・・・

 

 

△△△(薬剤A)  分3 毎食後    7日

●●●(薬剤B)  分2 朝・夕食後  2日

◆◆◆(薬剤C)  分2 朝・夕食後  5日

 

 

 

だ~~~か~~~~らぁぁぁぁあぁぁあぁぁぁぁぁぁあああああああああaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!

 

 

 

・・・と、そこで目が覚めた。

 

(「P.S.」以降は夢です)

 

 

悪夢だ。。。

 

 

 

P.S.P.S.

実際のところ、休日の朝も仕事がある日同様目が覚めます。

 

目覚まし時計かけてなくても目が覚めてしまう。

 

「今日、本当に休みだっけ?」

「本当は仕事で、出勤しないことによって他の人に迷惑かかってたらどうしよう」

「やりかけの仕事をうっかり引き継ぎしていなくて、

 今頃『やびのアホー!』って言われてたらどうしよう・・・

 明日出勤した時に第一声、叱責の怒号を浴びるのだろうか。。」

なんて、恐怖を感じてしまうのです。

 

 

 

「休日は、仕事のことを忘れよう」

そんなことが目標になっている今日この頃。

 

 

いろんな意味で仕事にやられてるんだと思います。

|

2007年9月21日 (金)

幻想は儚く・・・。

この前、僕の脳内をさらしましたね。

 

 

Noumiso

 

 

秘密が多すぎるような気がするけども。

 

 

 

 

なんか、脳内メーカーの種類の一つだと思うのですが、

脳内相性メーカーっていうのもあるらしいことを知りました。

 

コッソリ好きな人との相性を見てみたら、こんな結果が↓

 

Aisyou

 

 

左が僕で、右が相手ですが、、、

なんだコレは!?

 

僕は「気」ばっかりだ。中央に1個だけ「羨」がある。

相手は表面が「想」で囲われていて、中央に「羨」が1個。

 

互いに羨まし合っている光景。

僕的には当たっているような気がするけども、相手はどうかわからない。

 

僕のこと「想」っていてくれたらな、とは思うけども、これは幻想だ。

 

脳内相性メーカーが作り出した幻想。

真実ではない。

 

今までの単純な僕だったらこれを信じて喜んでいたかもしれないけども

僕は酒井法子さんのことをよく知らない。

だから例え、嬉しかったとしても「うれピー」とかそういう発想は生まれません。

 

 

・・・最近、どうも様子がおかしいんですよ。

 

1か月前くらいにメールをしたが返事はナシ。

 

1週間くらい前に相手から「元気?」的な内容のメールが来たので

返事をしたが返事はナシ。

質問的な内容で送ってみたがそれも返事ナシ。

不審感を抱いたので電話してみたが、話し中。

 

 

以前、ソフトバンクのケータイを使ってる先輩に

「受信拒否にしてみたらどうなるんですか?」

という提案をした際に、受信拒否設定をしてみた先輩のケータイに

僕の方からメールをしたことがあったのだが、

その時は僕のケータイ画面には「送信成功」とか書かれて

特にメールがはね返ってくることもなかったので、

無事に送れたような感じだったが

実際は先輩のケータイにはメールは届いていなかった。

 

これは、メール送った本人に「無事に送れたんだな!」

と思わせる効果があるので、送った本人はメールが届かなかったとは思わない。

 

次に、電話したら話し中、というのも

「着信拒否」設定にしていると、そうなるらしいということ。

でも、誰から電話してきたか、という事実は伝わるらしい。

 

 

機種にもよるのかもしれないけども。

 

 

・・・そういうのを考えると、もしかしたら、僕は

「メール受信」及び「電話着信」を両方とも拒否されてるんじゃないか?

という可能性があるということにたどり着いたわけです。

 

 

メールの返事がないのは、相手が忙しかったから・・・彼氏いるし・・・

電話が話し中だったのは、本当に話し中だったから・・・彼氏いるし・・・

↑そういう風に考えることもできるのかもしれませんが、こういう場合

自分に都合の良いように考えるよりも最悪の事態を考えるようにしてます。

 

 

●受信拒否をされていなかった場合

 メールとか電話が来てるのは知ってるが、対応したくない。

●受信拒否をしてる場合

 相手にするつもりがない。

 

↑どちらであっても、負のオーラが満ち満ちている。

 

 

俺、なんか悪いことしたかなぁ~?

 

「あの行動は悪かったのかもしれない」というのは、

考えようによってはポンポン出てくるんだけども、

相手の対応を見てるとまだセーフかと思っていた。。

 

相手にしたくないなら、「元気?」的なメールも

わざわざよこす必要ないと思うんだけどなぁー。

 

自分は嫌いだけど、相手からは嫌われたくないのかな!?

 

 

・・・まったくもう、これだから女の人という生き物はよくわからない。

まぁ、、、今回に限ったことではないですけどね。

脳内相性メーカーの脳内を二人とも「煩」という字で埋め尽くしてしまいたい。

 

Aisyoukai

 

↑こんな感じで。

 

 

P.S.

しかしながら、ぶっちゃけ、「まるまるちびまる子ちゃん」を見てたら

酒井法子が母親だったら…、と想像してしまう心理は否めません。

|

2007年9月18日 (火)

金欠1

ちょっと前から自分で家計簿をつけるようになったのですが、

そうするようになってから、自分の金銭関係がすごい明白になりました。

 

だいたい、いつもどれくらい費やすかがわかるので、

反省する材料にもなるし、次の給料日までに

どれくらいが残るかの予想もつけられるようにもなります。

 

 

最初の時に比べて、だんだん項目が増えてきて、

詳細に凝ってきてる傾向。

 

 

もともとは、奨学金の返済額を把握するために始めたことが、

今ではまるで、恐怖のカウントダウンのようだ。。

 

なぜなら、次にクレジットカードの金額が引き落としされる時に

残高として余る金額が3万円ちょっとしかないためです。

 

給料日までまだ2週間ちょっとあるのに、あと3万円・・・

 

この3万円の中には東京へ行くのに使う金額、、、

すなわち勉強会参加費用や交通費や宿泊費は含まれていません。

飛行機代だけは、すでに払っているので、なんとか大丈夫そうです。

うん、大丈夫だはず、2人で折半すれば。

 

 

なんでこんな金欠になってしまったのか、、

原因はハッキリしているんですよ。

 

今まではなかった分の出費が大きい。

メガネは買ってみて、すごい役に立っているので

それはいいとしても、マジック用品の購入に手を出したのがいけなかった。

 

買うときは、そんなに大きな出費ではないと思っていたけども、

実際問題、この時点で残り3万円になってしまうとは予想していなかった。

 

あの時の出費が悔やまれる。。

 

 

まぁ、、、「知らんうちに預金がゼロになっていた、アハハ・・・」

よりはマシなのかな、と思うけども

家計簿を上手に活用できてない観がありますね。。

 

 

タイトルが「金欠1」になっているため、続編があるのか?

と思われるかもしれませんが、続編は書く予定はありません。

でも、1ヶ月後の今頃はどうなってるのかわからないので、

続編も否めませんよ、という意味で「1」をつけた次第。

 

 

世の中、すべてカネですか・・・!?

という問いかけは野暮であるとわかりつつも。

 

 

 

P.S.

「ママでも金」とか、本当にスゴイと思います。

 

上ではお金の話をしてたけど

「ママでも金(カネ)」とは読まないでください。

世界柔道のことです。

|

2007年9月15日 (土)

いやいや、勉強会ですよ。

来月の19日、すなわち10月19日(金曜日)に

東京に行くことになりました。

 

東京で勉強会があるため。

 

県内でも毎日のように勉強会はあるのですが、

「ココの場所でしかやらない!」

っていうようなのがあるのです。

 

小規模なものであれば

「わざわざ東京にまで行くほどでは・・・」

と思えるのですが、今回のはなかなか大規模な勉強会で

偉大な先生もいっぱい集まるし、しかも

僕がいま携わっている分野に密接に関与している。

 

薬剤師なら誰もが興味を示すのでは?

というのは僕の勝手な思い込みですが、

テーマ性のある内容であると思います。

 

これは行くしかないだろう!

みたいな感じになったので行くことに決まりました。

 

と言っても、県外に勉強会目的で行くのは初めてです。

 

沖縄という中であっても、知らない場所に行くと

けっこう僕は迷子になる人なので、そういう意味で東京はちょっと不安。

 

那覇から羽田空港に行って、

勉強会が開かれる場所近くのホテルに泊まって

勉強会終了後は再び羽田空港へ。

 

最低限、それだけできれば僕の目的は達成されるのですが

そんなのは味気ないわけで、せっかく東京に行くからには!

という欲が出てくるのが人間というもの、でしょ?

 

今回の勉強会は、僕以外にも連れがいて、2人で行くことになっています。

相方は「行ったことないなら八景島シーパラダイス行ってみる?」

みたいなことを言っていたので

今日はルート検索に勤しんだ次第であります。

 

見たことない地名とか、読めない地名が多くて苦労しました。

 

「荏原」ってなんて読むんだろう?「えばら」?

「京急」は・・・「けいきゅう」か。

「根岸線」?・・・「ねぎしせん」。

「逗子」は・・・「ずし」。

最短の移動に費やすと時間と金額がわかるので

ヤフーの路線情報を活用しておりますよ。便利便利。

 

好きな人と旅行デートするチャンスが訪れる時には

「八景島シーパラダイス?エスコートしまっせ。」

とスマートに言えるようにしとこうと思いました。

 

地図上ではどういうふうに行けばいいかだいたいわかるけども、

実際に移動しようとしたとき、視界にはすさまじい情報量が入ってくるんだろう。

方角もわからなくなるくらい、ごちゃごちゃしてそうな気がする。東京だし。

 

テンション上げていこう!東京旅行・・・いやいや、勉強会。

 

 

P.S.

僕が八景島シーパラダイスに関して知っている情報といえば、

SMAPの中居さんが言っていた

「ショップで売っている白いイルカのクッションが気持ちいい」

ということくらい。

 

なので、シーパラに行ったらそれを購入しようと思います。

(とりあえず目標を立てておく。)

 

店員に「僕らが沖縄から来た」という事実を知られたら

「どんだけ海が好きなんだよ、どんだけ~~~!!」

とか、心の中で叫ばれること必至であります。

 

 

P.S.P.S.

今回の勉強会は、職場から出張扱いを受けているのですが、

通例、出張というものは一人で行くものらしいので、

今回の場合は一人は会社から費用が賄われますが

もう一人は全額実費らしいです。

 

●勉強会参加費用

●交通費(目的地へ行くまでの飛行機代・電車代・バス代等)

●宿泊費

●食事代(1食1000円まで)

↑会社が負担してくれるのはこれくらいです。

 

でもシーパラダイスとか、勉強と関係ない場所に行く場合は

会社から負担してくれるわけはないのでその分の交通費などは実費です。

 

一応、実費分を2人で折半する形。

 

行って帰ってくるのに、一人3~4万はかかりそうな勢い。

勉強会は10/20~21だけど、当日の朝イチの飛行機に乗っても

最初の講義に間に合わないので前日から行って、会終了翌日に帰る。

10/19~10/22の3泊4日の旅ということです。

 

なかなか長いですよ、3泊4日は・・・。

修学旅行に匹敵する。

 

 

沖縄から東京まで、、、時刻表によると

飛行機でも2時間20分はかかるようだ。

 

時差ボケに気をつけよう。(ツッコミ待ち中)

|

2007年9月14日 (金)

都はるみ

2~3か月前からテレビで宣伝してたんじゃなかろうかと思う。

 

都はるみさんのコンサートが9/16に沖縄で開かれるということで

コンサートに参加しない僕でさえ、

都はるみさんのことをそれほどよく知らない僕でさえ、知っているくらい

けっこう頻繁に見かけるそのCMはコンサートのことをアピールしていた。

 

それだけ費用もかけていたんじゃないかと思いますが。

 

 

しかし、残念なことに・・・

今回接近している台風のせいで、

沖縄で開催されるはずだった都はるみコンサートは中止になりました。

 

テレビで青い画面に映った

「9/16(日)に沖縄コンベンション劇場で予定していました
 『都はるみコンサート2007』は、台風の影響により中止となりました。

 チケットをご購入されたお客様は、払い戻しを致しますので
 9月末日までにお買い求めのプレイガイドへお越し下さい。」

というお知らせが悲しげだった。

http://www.otv.jp/event/event_miyako/index.html

 

直接関係ない僕でさえちょっと切なくなるくらいだ。

コンサートに出席しようと楽しみにしていた人や関係者の精神的ダメージは

想像を超えるものがあるんじゃないかと思われる。

 

後に残ったものが、宣伝広告に費やした赤字だけだなんて・・・

 

 

台風とは恐ろしいものだ。

 

 

思わず日記に書きたくなりました。

|

2007年9月12日 (水)

悶々モンゴル

以前、りゅうちゃんクラブの応募で

映画「しゃべれどもしゃべれども」の試写会招待チケットが

当たったことがあったのですが、今回も偶然ペアチケットが当たりました!

音楽コンサートの無料招待券です。

 

誰を誘っていこうかなー

「あの人」が沖縄にいればまっさきに誘ってたけども。

手当たり次第メールするも、なかなか応じてくれる相手が見つからない。

 

それもそのはず。

日程が9月11日(火)の夕方6時開演のため、

仕事をしている人は厳しい問題があるのだ。

 

僕もその日は仕事だけどね、せっかくの無料チケットだから

1時間だけ有給を取って行くことにしたんだ。

 

わざわざ有給をとるほどでもないかなーと思ったんだけど。

 

でも、この音楽コンサート、今が旬の話題にも関連があって、

しかも普通に入るには前売りでも大人は2500円もする!!

当日はプラス500円。

 

 

そういう誘い文句を使ってもなかなか捕まらないのはナゼだろう。

 

 

でも、正直に言うと、今回の音楽コンサート、

僕はあまり乗り気ではありません。

 

その原因は、僕の好きなアーティストが登場しないとか、

そういう問題ではなく・・・。

 

 

Dscf3135_2 

 

内モンゴル民族音楽コンサート!

 

 

こういうチケットが当たったため。

 

 

Dscf3134 

 

 

実際、昨日行ってきましたよ。

 

高校の同級生を(無理やり?)連れて行ってきた。

 

思ってたよりも、けっこう面白かったかも。

そういう意味では期待以上。

 

印象に残っていたのは、

「なんであんなバネみたいな声で歌うんだ?」

と思っていたのがモンゴルの伝統文化である、ホーミーであったということ。

ホーミーっていう単語は知ってたけど、なんか楽器の名前かと思ってた。

 

それから、これも伝統的な楽器だそうだが、「ビヨヨ~ン」って鳴る楽器。

言葉で表現すると、ホントに「ビヨヨ~ン」って感じ。

あの音色を聴いていると、「スゲー欲しいわ、あのおもちゃ!」

とか、ついつい言ってしまった。

 

 

Minzoku6

 

 

あとは、モンゴルの伝統的な衣装の件ですが、

遠目から見てると、

「どうしてみんな、頭に東京タワーを乗せてるんだろう!?」

ってずっと気になってしまったこと。

 

時系列を考慮すれば、たぶん、東京タワーは

モンゴル民族の伝統衣装の影響でデザインされたんだはず。

僕は日本人だからモンゴルの衣装のことを知らなかったけど、

本来であれば、東京タワーを見て「モンゴルの帽子そっくりだ!」

って言わなければいけないんだろう、と思った。

 

 

ずっと音楽を奏でるだけではなくて、踊りとかがけっこう多かったから

視覚的にも楽しめたかも、と思えた。

有給を使った価値はあったな、と思えたので良かった。

 

 

P.S.

この記事を書き始めたときに、タイトルを最初に考えたのだが、

一緒に行ってくれる人がまだ見つかっていなかったために、

「どうしよう、どうしよう・・・」

と悩んでいた。

 

モンゴルのことで悶々としていたのが由来であります。

|

2007年9月 9日 (日)

恋バナというやつは…

最近、周りの人に、

「ねぇ、例の件の進捗状況はどうなの?」

って言われます。

 

会う回数が多い職場の先輩などが質問してくるのですが、

忘れかけたころにそんな話をしてくるからちょっと戸惑う。。

なんで急に!?って感じで。

 

例の件というのは、僕の恋路のことです。

 

 

僕にも原因はあると思います。

「そういえば、最近好きな人ができたんですよ♪」

って、言い始めたのは僕の方なのだから。

 

なんか、そういうの、言いたくなるんだよ。

 

 

でも、完全にバレるのは避けたいなー。

という正反対の心境も存在してるわけで…

なんてゆーか、自分のペースで小出しにして言いたいわけです。

僕B型だし。

 

 

このことは、同じ部署の先輩も知ってるし、

いつもお世話になってる取引先の問屋さんも知ってるし、

マラソン仲間の先輩も知ってるし、

僕のブログあるいはミクシィを見てるあなたも知ってる。

広く浅い情報。

 

でも、

「年上?年下?」とか、

「どこで働いている人?」とか、

「いつ知り合ったの?」とか、

「メールのやり取りなんかはしてるの?」とか、

「どういうところが好きになったの?」とか、

「もう、デートはしたの?」とか、

相手が聞きたい質問には、うやむやに答えている感じ。

 

心の中では質問にはっきりと答えているんだけども。

 

相手が特定されない質問なら答えてもいいかなーとか

自分の基準で、「デートはしましたよー」とか答えたりもする。

 

 

しかしながら、横恋慕。

 

自分的には、

「あの人には彼氏がいるんだから、僕のことなど

 なんとも思ってないんだろう」

という前提で物事を考えているのですが、それであってもやはり

「どこまで自分のワガママを言ったら

 この人は拒否するんだろう?」

っていうボーダーが知りたくて、

いろんな注文をしてみたんですよ。

 

そしたら、けっこうOKだったりしてビックリした。

 

 

メールアドレス教えて→OK

電話番号教えて→OK

二人でカラオケ行こうか(=デートしよう)?→OK

フリータイムでもいい?→OK

車で迎えに行くから家の場所を教えて→OK

あなたのファッションセンスを認めているから一緒に服を探しに行こう→OK

じゃあ、記念に写真でも・・・→OK

せっかくだから(?)肩に手を載せちゃったりなんかして・・・→OK

     ・

     ・

     ・

 

僕的には、最初か2番目か、せいぜい3番目の質問くらいで

「いや~、それはちょっと、、、」

って言われるかと思ってた。

 

ここまでOKだったら、

「僕と付き合ってよ」

っていう質問にも、勢いでOKしかねないと思いませんか?(←単なる願望)

 

もしかして、向こうも意地になってるのかな・・・? 

思いのほか、彼女のボーダーラインが見えてこなかったので

次会ったときはもうちょっとシビアな注文してみようかな、と思います。

 

「試しに、手つないでみない?」

とかさ。

 

冷静に考えたら、フザけた提案ですよ。

まず、「試しに」ってなにさ、って感じですよね。

それに、彼氏がいることを知っているクセになんでそんな提案を?

 

自分でもそれは不条理であると自覚しているけれど、

「ホラ、さっき、この手でトランプの裏の色を変えたんだよ。

 手をつないでみたら不思議なことが起こるかも・・・」

自分でこの文章書いてて、鳥肌立ってきました。

 

でも、否定されて当然の提案だと思って言っているので

「いや~、それはちょっと、、、」って言われても仕方ない。

 

そう言われても「じゃあ、一生のお願い!」

とか言って食い下がってみようかと思う。我ながら、すごいうっとうしい。

今まで、好きな人にそういうアプローチしたことないから、

自分史上前代未聞なチャレンジにワクワクする。

 

・・・それにしても、マジックの使いどころが正道じゃないね。

まだ「一生のお願い」の使い時じゃない気はしてるんだけども。

僕が彼氏だったら「お前、ふざけてんじゃねーよ!」ってキレてるはず。

 

 

一緒にいる時、いろんな表情を見たつもりだったけど、

困惑した表情を見てない気がする。

だから、見てみたい。

 

 

 

・・・俺、相変わらずヘンタイだな。。。。。かなわんわ~。(+o+)

|

2007年9月 6日 (木)

まにー。

最近、自分自身のお金の枯渇を感じる・・・。

 

たぶん、月々の収入に対して

やりたいことに必要な資金の方が大きいからなんだと思う。

やりくりするのが下手というのも理由のひとつ。

 

先月はパソコンを購入した上に飲み会とか服飾代、本代等が

いつもより多かった気がする。

クレジット支出が今月だけで15万も。。。

それに、奨学金の繰り上げ返済に37万円。

10万円を投資信託・・・。そうそう、僕投資家になりましたよ。

 

ちょっと前までボーナスのおかげで、

ふところが潤ってた感じだったのに

もう貯金が無くなってしまった・・・。

 

返済すべき奨学金が残っている限り、繰り上げ返済し続けるから

貯金は増えていかないんだけどさ~。。

 

てゆーか、貯金たりないかも。

今月分の給与まで食い込んでしまうかぁ。。

 

 

どっかにお金おっこちてないかなー。

|

2007年9月 3日 (月)

デジタル世界。

こないだ、めがね屋を訪れました。

 

なに、ただサングラスが欲しくて足を運んだだけです。

 

裸眼一筋で今まで生きてきたけれども、

職場に通勤する際の逆光どうにかならんもんか?

と考えた末の選択であります。

 

1.サングラスをかける。

2.通勤時刻を変える。

3.通勤経路を変える。

4.バイク及び車を改造して日よけを増設する。

5.家の引っ越しをする。

6.職場を変える。

7.瞬間移動を身につける。

8.雲を発生させる。

9.地球の回転速度を調節する。

10.太陽を移動あるいは消失させる。

     ・

     ・

     ・

 

逆光を回避するのには他にもいろいろ方法はあると思いますが、

7番以降は、すでに非現実的な方法であり、

なおかつ2~6番も「わざわざそこまでするほどでは・・・」

というレベルなので、1番を選んだ次第であります。

 

…とゆーか、8番以降が実現可能であったとしても

選択しないけどね。

 

「逆光が嫌だから太陽を消しちゃった、あは♪」

とか、ふざけんな!って感じですよね。エゴエゴ(=利己主義)。

 

 

サングラスを買うのはそれ以外にも理由はあるのですが。

 

 

で、サングラスは買ったからそれはそれでいいのですが、

ノリで近視用メガネもオーダーしてしまいました。

 

なんか、ついでに視力も測ってみたら0.7と0.8それに乱視も少し。

「遠くが見えづらくないですか?

 夕方など、まわりが暗くなると視力はさらに下がります。

 ドライブの時だけメガネする方も大勢いますので、いかがでしょうか?」

 

みたいな話を聞いていたらいつの間にかクレジットカード出してた。

 

これは、世間的に衝動買いと呼ばれるやつですか?

眼鏡オーダーしてから

「眼鏡をかけるようになって、一気に視力下がった」

とか、周りの評価を聞いているとちょっと不安になった。

 

でも、1日中かけるわけじゃないし、

使うとしたら運転中か勉強会のときのみ(スクリーンが遠いため。)

だから、きっと大丈夫だよ。大丈夫だよね?大丈夫かな・・・

 

今よりも視力が下がるなら多少見えづらくてもかけない方がいいのかな。

実際のところ、メガネかけなくても、支障はそんなにないんだよ。

今までこれで生きてこれたし。

今さら悩むような問題でもないような気がするけど、

まだ間に合うんなら今のうちに考えた方がいいだろうか。

 

こんなとき、将来の自分と相談できたらいいのに、と思う。

現在の自分「眼鏡生活を始めていかがお過ごしでしょうか?」

未来の自分「でーじ視力下がった。

        今のうち言っとくけどやめた方がいいぞよ。」

現在の自分「まじでー?」

みたいな。

 

 

そんな妄想をしてるヒマがあったら、

ネットや口コミなどの情報収集にいそしんだ方がマシだろうに、

人間パニックになったらそんな能率的な思考はできないんよ。

 

 

 

試しにかけてみたんです、眼鏡。

そしたら、今までフツーだと思っていた世界がクリアになった。

 

まるで、アナログから地デジ対応のテレビに買い替えたときみたいな感動。

 

眼鏡屋のおじさんは「メガネをかけたら1.2ぐらいです」と言っていた。

僕が小学生の時は両目とも視力が2.0あったけども、

これ以上に奇麗な世界を見ていたんだろうか、

と思うとすごい残念な気持ちになった。

 

あわよくばオシャレで眼鏡かけてみようか!?

などという考えは軽率であった。

 

中学生の時、眼鏡をかけることに憧れを感じていたが、

実際に眼鏡のお世話になろうと思った時に

これほどまでの恐怖感があるとは知らなかった。

 

失った視力は、もう元には戻らない。

 

過ぎ去った時間は、もう元には戻せない。

眼鏡から学ぶ、人生哲学。

 

 

今回はこんなまとめ方にしてみました。

 

 

 

P.S.

冷静に考えてみたら、目に悪そうなこと、

今まで散々してきたクセにね…

急に惜しくなるなんてオポチュニズム(=ご都合主義)。

 

そんな自分が嫌いだ。

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »