« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

あやや?

以前、松浦亜弥のマネをする芸人に

前田健という人がよくテレビに出ていました。

今でもたまに出てくるけど。

 

最初はどうかなーと思っていましたが、

何回か登場したころには僕の中でフィットしていました。

あぁ、なんだかぴったりな感じだ、っていう。

本人になりきっている。

 

で、最近また松浦亜弥のマネした芸人を

ちょこちょこテレビでみます。

「はるな愛」という芸人ですが、この人は

松浦亜弥のライブ音楽をBGMに終始口パクで

踊ったりしています。面白い。

 

ただ、はるな愛は松浦亜弥と同じ女性だと思ってたけど

実は男らしくて、ホームページで「本名:ケンジ」

って書いてあるのを見た時はちょっと衝撃でした。

http://blog.excite.co.jp/harunaai/

 

 

あ、そういえば、福山雅治のマネをする

「みっちー」という芸人もいますが、

こういう人たちはきっと松浦亜弥や福山雅治のファンの人から

たたかれたりするんだろうな、大変なんだろうな、と思います。

 

影ながら支援してます。

|

2008年3月27日 (木)

うらない。

常に繰り広げられているテレビや雑誌等での占い。

 

星座で占うものや血液型で占うもの等

種類はいろいろだが、この前テレビで見た時に気になった。

 

「おひつじ座のあなたへ

 恋人や夫婦の場合は、パートナーとの仲が

 ますます良くなることが起こりそうな気配。」

 

↑おおむね、このような内容が書かれていたのですが

僕には夫婦はおろか、恋人もいない。

そういう人の場合はいったいどうなるのか、、、

 

今回は、そこらへんをちょっと考えてみたいと思います。

 

「恋人や夫婦の場合は・・・」

っていうのがあるのなら

「独り身の場合は・・・」

っていうのも必要だし、

「そういう概念を超越した人の場合は・・・」

っていうのもあった方がいいかもしれない。

 

その方がなんだかちょっと親切な感じでしょ。

 

でも、今まで以上に余計な情報が増えることは確かだ。

夫婦の場合は独身向けの情報など必要ないのだから。

 

 

占いなんか全然気にしてない

だけど、そういうトコは気になる。。

|

2008年3月23日 (日)

苦痛の世界。

今日は、なんぶトリムマラソンに参加しました。

20kmの部です。

 

今回の目標は、ゴールまで歩かないこと。

 

以前にも、ハーフを何回か走ったコトありますが、

どうしても途中で歩いてしまうんですよ。

特に上り坂とか。

 

途中で歩くのって、やっぱり良くない気がして

上り坂で歩くスピードよりも遅くてもいいから

それでも最後まで走り続けることを目標としてみました。

 

結論から言うと、ダメでしたー。

17km地点くらいまでは、歩かなかったけど、

最後の3~4kmはずっと歩きっぱなしでした。

 

心肺機能ではなくて、足の方が耐えきれなかった。。

 

なんだかすごく足取りが重たくて

腿の筋肉が痛くなっていた。

「がんばれよ~」

とか周りの人の声が聞こえてますが、頑張ってるっつーの!

って内心反抗しておりました。せっかく応援してくれてるのに、良くない心構えだ。

 

走っている最中の苦痛というのは、本当につらいものがある。

どんなに楽しいことを考えていても、苦痛の前には無力だ。

一生懸命、自分なりに気を紛らわそうとするんだけども、

「そんなことよりも、今この苦痛を早く取り除きたい」

って思う。

 

病院に通院や入院している患者さんにも、

病気による痛みを抱えている方がいます。

痛みの感覚というのは、本人にしかわからないものだから

「全然痛くない状態をゼロ、この世で最も痛い状態を10として、

 10段階で評価すると今の状態はどれくらいですか?」

とか、客観的に見るにはそういう方法しかないから

相手が3とか4とか表現した場合に、イメージとして推し量ることはできるけど

所詮共感できるものではないと思う。

 

今回のマラソンで一番辛かったときに、もしも同じように

「10段階評価でいうと、どれ?」

って聞かれたら、10って答える、僕だったら。

「1秒でも早く、この苦痛を取り除いてほしい」

って思う。

 

僕の場合は、走るのをやめれば解消する苦痛だとわかっているけど、

患者さんの場合は疾病がはっきりしていて、効果がある薬を使ったとしても

苦痛を完全に取り除くことができないから医療も大変だ。

他人事じゃないよ。もぅ・・・

 

 

今回のハーフも一応最後まで行きました。

トレーニング不足だなぁ。足の筋力不足だ。

明日には・・・あさってくらいかな。筋肉痛に苦しむことになるんだろう。

 

苦痛の世界は、暗くて空気がどんよりしてて視界が歪曲してる、そんなイメージです。

|

2008年3月20日 (木)

顔面激突。

アジエンスのCMをご存じですか?

 

アジエンスというのは、シャンプーだと思うのですが

これを使えば髪の毛がキレイになりますよ!

っていう宣伝をしたいんだと思う。

 

公式HPからもCM見れます。

以下、ストーリーの流れ。

 

「車の渋滞をぬって走るアジアンビューティ。

 美しくなびく髪の行き着く先は・・・。

 

 愛する人との幸せな日々は徐々にすれ違い、そして別れへ。

 タクシーに乗り、過ぎ去った取り返しのつかない日々を想う彼女。

 彼のことを忘れられないのは、愛がなくなってはいけないから。

 でも今は、もうどうすることもできない・・・。

 そんな時、ふと外に目をやると、彼の姿が。

 その瞬間、想いがはじける。

 自分に嘘をつく人生なんて私らしくもない。今を逃したら一生後悔する。

 

 車を飛び出し、彼の胸へ飛び込む彼女。

 本当に大切なものを失わないために、

 自分に正直になるのは難しい。でもその先にきっと幸せがある。

 

 周囲の祝福はまるでアジアンビューティの生き方を

 称賛するかのようにいつまでもなりやまなかった。」

 

Photo_2 

 

そして、CMの中に、画像のような場面があるのですが、

僕はこの瞬間、とてもドキドキしていた。(画像1つめ)

 

あまりの美しい髪にドキドキしていた、というわけではなく

その行動にドキドキしていた。

 

彼は自分の車を降りて、ナゼかその上に立っている。

彼女ががタクシーを止めて、彼のもとへ走っているのですが、

彼女も車の上に登っていく、その瞬間。

 

彼しか眼中になかったのであろう、

車の後ろのガラスを足場にして天井へ上ってしまった!

 

CMの中では雨は降ってなかったが、

女性が履いている靴はハイヒールの様だ。

 

ハイヒールをはいたことはないのでよくわからないけど

少なくとも運動靴より、靴の裏面の摩擦力は小さいだろう。

ガラスの摩擦力が小さいことは常識的に僕らも知ってる。

 

そして、この車の後ろのガラスの水平方向からの角度を計算すると

40.5度であった。(画像2つめ)

Photo_3

 

40度超のガラス面をハイヒールで、しかも

ほとんど つまさき部分でしか接していない場合、

ツルッと滑って画像3つめのような結末が予想される。

 

Photo_4 

 

顔面激突だ。

・・・これでは、喝采は喝采でも、感動ではなく

爆笑の嵐になりかねない。

彼の方もポカーンとすることだろう。

 

僕は、この女性が足場にしたガラス面の摩擦係数もしらないし、

この女性が履いているハイヒールの摩擦力も知らないし、

ハイヒールとガラスに接する面積やガラス面の角度、

天気、女性の体重、走っている速度など考慮した上での

コケる確率というのは計算の仕方も知らないので

そこらへんの細かい計算はガリレオ先生に任せるとして、

CMの中では何事もなくみんなの喝采の中で笑顔の女性だが、

今回はうまい具合に車の上に登ることができたんだろう。

僕が24年間今まで生きてきた経験で言うと、

これは、76%がたコケるパターンだ。

 

僕だったら、絶対にこんな危険なことはしない。

 

それを考えると、この男は本当は彼女のことを恨んでいたのかもしれない。

CMでフルバージョン(60秒)が流れることは稀なので、

公式HPをぜひ参照していただきたいのですが、

この男はCMの序盤で女性にビンタされてフラれている。

 

ビンタされてから、

「あの女・・・絶対に許さない!!

 私の誇り高きプライドをずたずたにしやがって。

 いつか復讐してやる!

 どうやって復讐してやろうか?

 そうだ、衆人環視の中で笑い者にしてやろう。

 私が受けたのと同じくらいの屈辱を味あわせてやる!!」

よくCMを見てみたら、ビンタされた瞬間の男の顔がそんなことを考えてそうだ。

男は外人なので、英語かフランス語かイタリア語か、

たぶんそこらへんの言語に翻訳した感じで受け止めてください。

 

いくら、昔好きだった人と感激の再会をしたからって

車の上に登って抱擁するなんて常識では考えられない。

悪意があるからこそ、そんな不自然な形でワナを仕掛けていたんだろう、

その方がまだ納得がいくというものだ。

 

その仮説を否定できない理由として、

車の上に女性が登って手を取り合ったとき、

男は全く笑ってない。むしろシリアス。

「あれ?なんでコケなかったんだ?

 このラッキーガールめ。

 やはり、成功を確実にするためには

 ガリレオ先生に確かめてもらうべきだったか。。

 みんな周りで見てるし、仕方ないから振る舞いだけ感動っぽくしておくか。」

そんな事を考えていたのかもしれない。

 

CMでは女性からの視点で終始しているが、

男性からの視点でもCMを作ったら、大変な事実が明らかに!?

それを明らかにしないために、世間の人たちは誤った認識へ。。

 

 

・・・ということで、

アジエンスは素晴らしい商品ですね!

(まわし者ではないけど、言っておいた方が身の為かな、と思ったため。)

|

2008年3月17日 (月)

試行錯誤。

この前、高校の同級生での飲み会がありました。

 

その前日は、職場メンバーでの飲み会でした。

 

趣味で手品をやっている僕ですが、人前で披露できるチャンスは

そんなに多くないので、ここぞとばかりに披露するのですが、

職場の人と飲んだ時はほんとに久しぶりだったので

緊張のあまり手が震えてました。

 

これは、、かなりのペーパー手品師だ・・・

いや、「手品師」っていう職業ではないんだけども。

 

と趣味の継続において危惧を感じ、高校メンバーでの飲み会の際には

大勢の前で披露するのではなく、個人個人の前で披露していました。

あまり大勢の前でするのはいろいろとリスクが大きいし、

一人一人の前でやることによって少しでも場数を稼ぐという目的のためです。

相手の表情もよく見えるし。

 

同じマジックを違う人の前で何度かすることによって、

幾分かは慣れました。セリフの流れとか、手順とか

そういうのは昔の感覚を思い出してきた感じです。

 

それに、

「ここはやっぱりこうした方がいいんじゃないか?」

みたいに、改良案が自然と頭に浮かんでくる感じもあって好感触。

 

実は今週火曜日にも飲み会があって、「何かやって。」

とお願いされているので、今までの練習の成果を見せちゃおうと思います。

 

 

P.S.

久しぶりに会ったメンバーもいて、外見的にはね、

そんなに変わってないように見えるけど

確実に学生の頃よりは大人になってるんだなと実感しました。

 

学校の先生とかさ、、、僕には絶対できない。

生徒にナメられそうで。。

|

2008年3月15日 (土)

脱出不可能。

Photo 

 

プリマベーラというユニットをご存じですか?

この前テレビで見たのですが、女性のイリュージョン&マジックユニットらしい。

そんな団体がいたんだ!ってちょっと胸が高鳴りました。

 

画像は、その人たちが番組の中でやってたものです。

指版の手錠をかけて、すり抜けるというマジック。

 

「こんなの、簡単に抜けるんじゃねーの?」

と思われるかもしれませんが、

皮膚に食い込むほど閉めると指抜けなくなるんですよ。

 

で、画像は指錠脱出の練習風景ですが、、、

実はこのとき、ホントに抜けなくなって困ってました。

いちおう、指錠を解除するカギは持ってるのですが、

ご覧のとおり、鍵穴が手前にあるのでカギを差し込みにくい。

 

誰かに助けを求めようにも、時刻はすでに日付が変わろうとしている頃。

家族はみんな寝てる。

こんなアホらしいことで寝てる人をたたき起こすのは誠に忍びないわけです。

 

格闘する事5分。

イライラしてきたので、気分転換を兼ねて写真を撮ろうと思って

ミニ三脚をカバンから取り出し、セッティング。

マクロモードでセルフタイマーで撮ったのが画像です。

 

あぁ、なんて不憫なんだろう・・・。

改めて写真をみると我ながらそんなこと思う。

 

指錠の先の方で血流が滞っているのを確認後、

僕はものすごく焦り始めた。

あせればあせるほど肉に食い込む。。

 

カギを口にくわえたら根性で開けられました♪

 

 

誰も知らないところで、一人焦ってる僕。

必死の形相してカギを口にくわえてる姿は、もはや尋常ではない。

しかも、自らの手を拘束して。

 

 

P.S.

「指錠」「手錠」でグーーグル検索してみたら、

とても良俗とは思えない結果出てきますよ。

SとかMとか、、、

ハッキリ言って今はそういう気分じゃないんだ。

|

2008年3月12日 (水)

you I know

タイトルは「結納」と読みますよ。

 

また職場の同僚が結婚するみたいです。

「○月○日に結納しましたー」

とか、突然ミーティングで言われてびっくりした。

 

 

もう僕が入職してから2年で8人が結婚した。

3~4人くらい、子供も生まれた。

 

30人ちょっとの職場にしては多いような気がしたのですが、

僕の気のせいかも!?

 

 

比較的、若い人がいると思うので僕が入職するタイミングが

たまたま結婚ラッシュの時期にあたったんだろうな。

 

その勢いに乗って、僕も you I know しちゃおうか。

うん、英語の文法的に成り立ってないのはわかってる。

 

でも、まずアレだなー。。

奨学金の借金返済が気がかりなんだ、個人的には。

 

あと140万円・・・

|

2008年3月10日 (月)

国家試験。

「そういえば、今年の薬剤師の国家試験はいつだっけ?」

と思って検索してみたら3/8~3/9でした。

気づいたら終わってました。

 

 

今年受験生の知り合いがいたので「試験がんばれ~」って

メールしようと思ったらはね返ってきた(=アドレス変更されてた)。

 

 

もう、それで僕は意気消沈してしまったわけです。

 

まぁ、受かってるっしょ、たぶん。

おそらく今後メールが来ることもないだろうから結末はわからないんだけど。

|

2008年3月 6日 (木)

あらびき団

水曜日の夜12時ごろにやっているのですが、

あらびきな芸を披露している番組です。

昨日もやってました。

 

お笑い芸人だけじゃなく、グラビアアイドルやマジシャンや

ミュージシャンやダンサーなどさまざまな人が出ているのですが

なるほど粗い感じがします。

 

この前見た時は、「ふとっちょ★カウボーイ」という

お笑い芸人が個人的に面白かったですけども、

R-1グランプリで観客に気持悪がられて敗退したという話。

 

メタボリックをネタにしているようなので、確かに太ってますけども。。

 

 

機会があれば見てみてください。

|

2008年3月 3日 (月)

みそじ。

今日は、車の免許の更新に行ってきました。

 

僕の誕生日は4月3日なので、

1か月前の今日から更新可能とのこと。

 

免許を取ってから今まで5年のうち、3年くらいは大学生で内地にいたので

車の運転はほとんどしてないのですがそんな僕にも

金ピカの免許証をくれるらしい。

今日から僕も優良運転者ということで。

  

なんだか嬉しい気持ちになって、誕生日の前後1か月の

猶予がある受け付け期間の初日に足を運んだ次第。

 

 

P.S.

次の誕生日で僕も25歳です。

 

四捨五入すると30歳ということで。。

 

これで僕も正々堂々と

R25(アールニジュウゴ)を閲覧することができるというものです。

http://r25.jp/

 

 

P.S.P.S.

今日、初めて転びました、バイクで。

250ccではなくて、100ccの方で転びました。

 

まっすぐ走っていたら、曲がらないといけない道を発見して

急いで曲がろうとしたら十分に減速できなくて、こけちゃった感じ。

 

今まで、バイクで負傷した患者さん何人も見てきたから

気をつけよう、ってずっと思ってたのに・・・

 

初めてのゴールド免許更新の日に初めての転倒だなんてツいてない。

 

転んだ拍子にガソリンタンクのフタがゆるんだらしく、

ちょっとガソリン漏れた。

 

交差点付近にはいっぱい人がいたのに、

誰も駆け寄ってくれないし、「大丈夫ですか?」って声もかけてくれない。

 

足首をちょっとひねって、

両膝をちょっと擦りむいたくらいだから、別に大したことないけどね。

 

 

P.S.P.S.P.S.

東京フレンドパークに山ピーと哀川翔が出ていた。

ベッドやら釣り具やらサーフィン道具やらが的になっている

ダーツに真剣な表情している様子を見ながら、

「儲かってるんだから自分のお金で買えばいいじゃん」

とか番組の趣旨を無視して悪態をついてしまったのは、

そんな街の人の対応に腐れた気持ちになったからじゃないさ、きっと。

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »