« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

ソッコーはまる。

ゆうべは、職場の人の送別会がありました。

 

送別会の会場に向かう途中、職場の人を2人乗せました。

目的地の場所は聞いていたのですが、地図を見てもよくわからない。

国際通りのごちゃごちゃしてる感じがよくわからないと思ったので

ナビゲートしてもらおうと思って乗せました。

 

裏道を教えてもらいながら現場へ車を走らせていたのですが、

昨日は思わぬトラブルを起こしてしまいました・・・

 

昨日は雨が降っていたのですが、地面が濡れていたということもあり、

急斜面に差し掛かったころ、僕の車が進まなくなってしまった。。

アクセルを踏んでもタイヤが空回りして全然上らない。

乗っていた他の二人も異常に気づき、「ヤバくない?」みたいな流れになる。

 

タイヤがキュルキュル鳴ってんの!!

アクセルを深く踏むほどハンドルを取られてしまう。

そのうち、うしらから車も来てちょっと焦ったけど、

バックでちょっと車を脇によけました。

 

気を遣ってもらい、二人に降りてもらい、後ろを押してもらうと

ゆっくりながら車は上りました。

しかしながら、急斜面であんなことが起こってしまうなんて思わなかった。

 

ほっとしたのもつかの間、比較的細い下り道で

対向車をよけようとした時に「ガン!!」とかいって車が止まる。

なんだろう!?パンクかな!?

と思ったのですが、助手席の人いわく、溝にハマってしまった様子。。

 

めちゃめちゃヘコみました。。

僕は今まで車での事故というのは起こしたことなくて、

むしろ車体をこすったことすらなかったのですが、

今日になって側溝にはまってしまいました。

 

持ち上げようとしたのですが裏道ということもあり、

人通りもよろしくない。人手が足りないのでどうにもなりませんでした。

結局は業者の人を呼んでワイヤーで引っ張ってもらい、

なんとか溝から脱出することはできたのですが、

そこに至るまでには様々な人に迷惑をかけてしまいましたよ。

 

近隣の住民や通りすがりの中高生や、

ただでさえ狭い道なのに僕の車のせいで道幅がさらに狭くなって

通りにくくなっている道を通る車とかとか。

 

再び走れるようになるまで1時間半はかかっただろうか。。

昨日は仕事が休みだったのですが、

手も泥だらけで汗もかいて、もう1日の仕事をし終わったあとみたいに

肉体的にも精神的にもクタクタでした。

 

それは、きっと他の同乗者二人にとっても同じわけで

とっても申し訳ないことしたなーと思いました。

僕は、車を運転するのがちょっと嫌いになりました。。。

きっと、急な上り坂や雨天夜走行時はトラウマとしてよみがえってくるだろう。

 

送別会会場に着いた時には、怒涛のインタビュー攻撃にあい、

なんだか爆笑されてしまいましたよ、「ネタでしょ、それネタなんでしょ!?」って。

ネタじゃねぇっちゅうの。。マジ災難。

 

 

P.S.

僕は最近、バイクのバッテリーが故障したので交換、

携帯電話も通話に支障をきたしているのでただいま修理中。

同乗者も、被害者として交通事故を起こした人や

家の鍵紛失、車の鍵紛失、携帯電話水没、免許証紛失、飼いネコ逃亡など

最近、アンラッキー続きの3人が揃ってしまったみたい。

 

不幸も相加効果出てしまうものなんすね。。。

 

業者の人はタイヤの損傷はそんなに気にしなくてもいいかも

と言っていたけど、念のために見せに行ってきます。

ちなみに、左側のテールランプもいつのまにか切れていたらしい。。

|

2008年9月25日 (木)

おあずけ。

本日、僕の携帯電話が入院しました。

 

通話する際の音量に問題があるため、修理に出しました。

(聞く分には問題ないが、こちらからの声が小さくなってしまう現象)

 

最初は普通に会話できていたのになぁ。

 

この前のみんなで海に遊びに行った時から自覚し始めました。

それから、電話を使うたびに

「ちょっとお電話が遠いようですが・・・」

って言われるので、スピーカー機能を使って

少しでも相手に自分の声が届くように努力していたのですが

相手の声がスピーカーから出て僕の周囲の人間に聞こえてしまうのもどうかと思うし

明らかに正常ではないと思ったので強制入院です。

 

 

P.S.

この前のダイビングの写真をもう1枚アップしておきます。

 

Img_1761

 

ダイビングでは海から上がってくるときに

水深5メートル付近で3分ほど待ってないといけないのですが、

これはその待機中に撮った写真です。

 

ってか、海の中ではこんなに髪逆立っていたんですね、知りませんでした。

 

とりあえず、目が怖かったのでモザイク入れときましたよ♪

|

2008年9月22日 (月)

うみ。

Cカード(ダイビングの認定証)をもらった人は

FANダイビングといって、インストラクターの引率の条件付きで

圧縮空気のボンベを背負って海に潜ることができるようになります。

 

Img_1700

 

Cカード取得後、初のファンダイビングしました、9/21

 

張り切って水中カメラとか持っていったのですが、

やっぱり海の中は陸上とは全然違う!!

 

カメラの海モードを選んで撮影したのですが、

被写体が全部青くなってしまいました。

 

かといって、フラッシュも1~2メートルくらいしか届かない。

 

LEDライトがあるとまた写り方も違うのかな?と思ったので、

次に潜るときはライトも持参していきたいと思います。

 

とりあえず、ナマコ連写しました。

動かない被写体ほど写しやすいものはない。

しかし、ナマコも青くなってしまいました。。

 

Img_1708

 

もっと書きたいこといっぱいあるけど、

今回はもうあまり時間がないのでまたの機会にしたいと思います。

|

2008年9月19日 (金)

退院。

バッテリーの不調で入院していた僕のオートバイ、

今日戻ってきました~。

バッテリーを新品に交換して軽快退院です♪

 

本体を受け取ってグリップを握ってみる・・・

やっぱり代車よりもしっくりくる感じ。

自分のが一番いいね。

 

ある事情で具志川のヤマダ電機まで行く必要があったので

そのまま行ったが、到着した時に気づきました。

「代車に入れてた地図帳そのままだ」

ってことに。

 

あわてて地図帳を保管してもらうように電話する。

どうせ家に帰る時には、またあのバイクショップを通過するのだから

そんな遠回りにはならないだろう。

 

ヘルメットを座席の下に入れようとしたその時・・・

 

Img_1577 

 

バッテリーがむき出しになっておりましたよ。。。

部品外れたまんまだし。

こんな状態で返されるとは思わなかったよ。

 

おい、あそこの店員はどういうサービスしておるのだ?

うんこサービスか?マジで!!

(食事中の方申し訳ありません。)

 

それくらいイラッとしてしまいました。

あのショップには過去にもイラッとすることが何回かあったので

「またか!?」って感じです。

 

しかし、これはひどい。

 

責任を持って元に戻してもらおう。

 

ヤマダ電機でハウジング(カメラに取り付ける道具の一種)を受け取り、

イライラしながら元来た道を戻る。

良い子はマネしたらだめだよ、

ストレスの高い状態で運転したら事故起こしやすいから。

 

ふと気がついたら、速度メーターのパネルにある時計も狂っている。

時間が12時間30分もズレている。。

まぁ、いいや。時計は簡単に直せるから。

 

ショップに着いたとき、忘れ物の地図帳を受け取り、

バッテリーの部品ももとに戻してもらう。

「すいませんすいません。」

と謝っていたので許してあげました。

 

これで、しかめっ面で対応するようなら

文句言おうと思っていたけど、

そこまで腐った人間ではなかったようで安心した。

 

対応一つでこうも感じ方が違うんだ。

サービスを提供する側になったら僕も今後は気をつけようと思いました。

 

 

P.S.

最近、わが母校の職員が不祥事を起こしたらしく、新聞沙汰になっていた。

終わってる。。。

僕が在学中のときも、教師に対する信頼ひどかったけども。

 

↓参照記事

http://www.okinawatimes.co.jp/news/2008-09-15-M_1-019-1_004.html?PSID=857e2bbdd9c84b8ccf23958109fff0ae

|

2008年9月16日 (火)

食い物の恨み。

Img_1573 

 

マクドナルドの月見バーガー宣伝CMで

2匹のウサギが出てくる映像をご存じですか?

 

画像でいうと、左側のウサギが自分用に買ってきた月見バーガーを

右側のウサギに自慢しているのですが、右側のウサギは

我慢できずに食べてしまうというシーンです。

 

左側のウサギは

「え?あ・・・マジで??」

みたいな感じで信じられない様子。

 

Img_1566 

 

その次の画像は

まさか食べられるとは思ってなかった左側のウサギが

お前、バカか!

みたいな感じで勢いよく商品の入った袋を奪い返しているシーンです。

 

左側のウサギの目からして怒っている様子がうかがえます。

あたりまえです。

 

現代はちょっとしたことでもキレやすい人が多いので

仮に左側のウサギが食に対する執着心が相当なものであれば

次のシーンあたりで左側のウサギが包丁を持っているシルエットになってもおかしくはありません。

 

食べ物の恨みは怖いよ。

恐ろしくて僕は右側のウサギのような大胆な行動はできません。

 

今、マクドナルドのホームページを見てみたら、月見バーガーには

チーズ月見バーガーという種類もあるらしい。

 

チーズは乳製品だ。カルシウムも多少含まれているのかもしれない。

そして、「怒りっぽい人はカルシウムが足りない」というのは周知の事実。

 

すなわち、マクドナルドのCMはチーズ月見バーガーを発売することによって、

CMのような場面になったとしても、チーズを摂取して逆上しないようにしなさい!

という意味を込めたメッセージだったのかもしれない。

 

あのCMの続きが気になるところだが、

実際に包丁あるいはハサミやカッター等の刃物を出したかどうかは定かではない。

しかしながら左側のウサギが適度なカルシウムを摂取していれば

怒りっぽくなっていないと思われる。

少なくとも目は怒っているけど包丁までは出さないかも。

そこらへんはちゃんと冷静さを保っているのだ。チーズのおかげで。

 

・・・CMの場合、どう見てもチーズを摂取する前に食われてるけどね。。

|

2008年9月13日 (土)

不審者。

物騒な話はどこにでもあるものでありまして、、

病院で働いていてもそういった話を耳にします。

 

どこから漏れたのかわかりませんが、

ドクターの個人的な連絡先に直接勧誘の電話がかかってきたり。

病院にかかってきた外線電話で

「○○病院の△△だけど、□□先生はいますか?」

って偽名を使って話を取り付けようとしてきたり。

 

そんなに頻繁にあることではないですが

たぶん、沖縄だけではなくて全国的にもある話だと思います。

 

そのため、外線電話を直接受ける電話交換や守衛の人は

電話をかけてきた相手が不審者かどうか見極める必要があるわけです。

患者であったり職員であったり、提携企業の人であったりさまざま。

 

 

それを踏まえた上で本文を書きたいと思います。

 

たとえば、僕の部署の誰かが病気やその他なんらかの理由で

急に休みを取らなければいけないときには

外線で電話がかかってきます。

 

その時は守衛の人が電話を取るのですが、

守衛の人が職員である、とすぐに判断することができれば

スムーズに電話を回してきてくれます。

そして、部署の誰かがその電話を受け、

その人が休みであることをみんなに伝える。

 

うちの部署には直通の外線電話がないため、

守衛の人を介さないと連絡ができません。

 

ある日の夕方、仕事が終わって家に帰った後、

やむを得ず部署に連絡をしないといけない場面があり

病院に電話をしたら、守衛の人が電話をとりました。

自分が職員であることを告げ、部署につないでもらうことをお願いしたら

部署につないでもらうことができた。

 

しかし、後日聞いた話によると、その電話を守衛から回してもらう時に

「やびさんって今日出勤していますか?

 ・・・あぁ、もう帰られたんですね。

 やびさんと名乗る方から外線電話来ているので、まわします。

 おそらくやびさん本人だと思うんですけど、

 もしかすると不審者かもしれないので注意してください」

と言われたらしい。

 

別に、おかしな発言した覚えはないのに、

不審者だと思われたことに傷つきましたよ、僕は。

挙動不審と言われることはあっても、電話の会話だけで

そう思われてしまうだなんて悲しすぎる。

 

 

P.S.

うちの部署は朝一番目に出勤した人が

部署内に入るためのドアのカギを取るシステムです。

一番目に出勤する人は守衛がいる部屋に行って

ノートに日付と時刻と名前を書いて、カギをもらうのです。

 

僕の「出勤一番乗り率」は、部署の中では1位,2位を争うくらいなのに・・・

毎日と言っていいくらいノートに名前を書いてて、その時挨拶もしてるのに・・・

どうして・・・

 

しかも、守衛の人からそういうふうにカギをもらうのはうちの部署だけです。

 

もっとアピールしなきゃ!

|

2008年9月10日 (水)

エンジン2。

前回の記事の続きです。

 

昨日、オートバイを買ったところに持って行きました。

そしたら1~2分で「バッテリーがダメです。新品との交換が必要です」

と言われた。

 

買ってからまだ1年も経ってないのに、

バッテリーってそんなにすぐにダメになるものですか?

って聞いたら、中古車だからバッテリーは新品にしてないとのこと。

 

本来なら1万円かかるけど1年もたってないので7000円にしておきます、

と言われたので僕は了承しました。

周りからは「強気で行け。まだ1年もたってないんだから保証してもらえるはず!」

と言われていたのですが保証期間は3か月らしく、保証期間も過ぎてるのに

サービスしてくれたので、強気になる気も起りませんでした。

 

そういうところが良くないのかなぁ、僕は。。

 

 

バイクショップの人が言うには、

バッテリーは充電するのに1日はかかるので、

日を改めてきてくださいとのこと。

わざわざバイクの代車まで貸してくれました。

 

同じ機種だけど、操作性がちょっと違っていた。

なんなんだろう。ギアのシフトチェンジが違う気がする。

CVT?

巷で流行りのCVTなのか?せーべーてー?

 

すんません。ちょっと興奮しました。

CVT悪くないけど、出だしが遅いのは仕方ないのでしょうか?

 

でも、代車に乗って気づきました。

もともと僕が所有しているオートバイに乗っているときに

「これ、異常じゃないのかなぁ?」

って常々思っていた点が本当の異常だったということ。

 

バッテリー交換して受け取りに行く時に店の人に言おう。

そして、直してもらおう。

 

まだまだ長く付き合っていきたいんだ。

|

2008年9月 8日 (月)

エンジン。

オートバイのエンジンがかからなくて困っております。

明日にでもバイク屋に見てもらうことにしよう。

 

エンジンをかけようとしたらかからない。

以前、雨が続いたせいで久しく乗ってなかったときに

バッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなってしまった

ということはありましたが、あれからは順調でした。

 

そして、最近は天気もいいので毎日のように乗ってるから

バッテリーが上がるはずもないのに・・・

 

何かの間違いだろうと思いつつも、念のために

ジャンプケーブル(他の車のバッテリーを利用して電力を確保するもの)

を積んでいましたが、今朝、妹を高校に送った時に

ヘルメットをしまおうとして電源を一度切ったのがまずかった。

 

エンジンを止めていたのは10秒くらいだろーか。。

もう一度エンジンスタートしようとしたときにはもうエンジンはかからなくなっていた。

まさか、そんなことでエンジンがかからなくなるなんておもってなかったので

ビックリ。

 

つーか、誰かに電力を供給してもらわねばー。

仕事場まで10km少々。

とても押していける距離じゃない。100mでも無理だ。

 

最近は、生活指導週間なのかあいさつ週間なのか

わかりませんが、学校の先生が門の前にいっぱい立っています。

僕が高校生の時はそういう先生を見ると「お前ら、どんだけ暇なんだよ。」

と思っておりましたが、今の状態の僕にとってはちょうどいい。

 

とりあえず、そこらへんに立っている人に声をかけて

車のバッテリーの電気をわけてもらうことにしました。

 

その人は、自分の車のところまでバイクを押してきて

と言うので押して行きましたよ。

登校中の高校生がへんな目で見てるかもしれないけど

バイクのバッテリーが上がってしまった経験なんてない人たちに

どんな目で見られても平気な気がした、25歳♂

 

ゼーゼーハーハー言いながらバイク押しました。

まさかこういう形で母校の敷地内に

再度足を踏み入れることになるとは思わなかった。

 

生徒に向かってあいさつをしている別の先生が言う「ガス欠?」と。

ガス欠なんて、ありえない。

個人的にはガス欠とバッテリーが上がるのは全然次元が違うと思う。

だから、ガス欠だと思われたのが悔しかった。

 

いろんな思いを抱きながらも車の前まで行ってケーブルをセット。

ジャンプケーブルの接続はすでに何回か体験済みなのでお手の物。

つまり、それだけトラブルが多かったということ。

 

無事にエンジン点火できたあとに、僕は聞いた。

「あの、あなたのお名前は・・・?」

彼は言う、

「あぁ、英語担当のAですよ」と。

 

英語担当のAさんに感謝感謝。

後から妹に聞いたところによると英語担当のAさんは

校内ではけっこう有名人らしい、悪い評判で。

 

まぁいいさいいさ。バッテリーの電気を僕に分けてくれた。

バッテリーを分けてくれる人に悪い人はいない・・・と思う。

 

P.S.

職場から家に帰るときも、また誰かの車のお世話になったのは言うまでもないですね。

|

2008年9月 4日 (木)

プラネタリウム。

沖縄ではおとといまで、豊崎のとみとんというところで

プラネタリウムを見ることができました。

 

久しぶりに見たので、そうそう、プラネタリウムってこんな感じ~

少し回顧しました。

 

前回プラネタリウムを見たのは、去年の11月23日か24日あたり。

プチ同窓会のために、兵庫県神戸市へ行こうとしたときに

明石に寄ってプラネタリウムに行きました。一人で。

 

今回のプラネタリウムは職場の人と一緒でした。

僕は知らなかったのですが、世界的なプラネタリウムのクリエイターである

大平貴之さんという方が重要人物らしくて、

職場の人はこの人のプラネタリウムだから見に行こうと思った、と言っていました。

 

星座だけじゃなくて、オーロラとかも映していました。

上映時間がなんだか短い気がしましたが、

楽しめたからいっかーって感じです。

 

職場の人と来れたというのは僕的には大きな意味があったので

それだけでも満足なんですけども。

 

 

P.S.

岐阜へ行っていた同僚がくれたさるぼぼというおみやげを食べたのだけど、

「さるぼぼ」って何か知らなかった。

バボちゃんの親戚かと思ってたら違ってた。

 

職場の人いわく、常識らしい。

 

 

P.S.P.S.

赤べこって何か知らなかった。

「食べ物のこと?」

って職場の人に聞いたら「えぇぇ?」ってヒかれたよ☆

 

常識らしい。

|

2008年9月 1日 (月)

ダイバー。

昨日、ようやくスクーバダイビングのライセンスを取得することができました~。

 

Img_0137_2

 

でも、周辺器具の点検や取り付け、潜水前の確認事項、

潜水してからの留意点、浮上の際の注意点、浮上後の片づけなどなど・・・

最低限、覚えなければならないこといっぱいあります。

 

海をナメていたわけではありませんが、

講習を受ける前までは知らなかったことが多くてちょっとびっくりしました。

確かに、それはできないとヤバイね、知ってないとマズイね、

って思うことも多々あります。

 

でも、そういうのが当たり前になってくると

あれも気をつけないといけない~、これもきをつけないといけない~

っていう負担も軽くなってくるとは思うので、

そうなればしめたものです。海の中をどんどん楽しめてくる。

 

Img_0207

 

海の生き物の名前も覚えたりなんかして、

離島の名前と位置関係も覚えたりなんかして、

・・・はぁ、なるほど、僕にダイビングを勧めてきた人の気持ちが

なんとなくわかってきた。

 

じゃあ、誰か一緒に潜りませんか?

ちょいちょい写真を入れてるのは、

読み手の意欲をかきたてようと努力しているためです。

 

Img_0200

カメもいたよ。

 

 

P.S.

ダイビングも楽しそうだけど、

レジャーダイビングをしようとする人って

なぜか女性の割合が高い気がする。

講習を受けてる時も女は7~8人に対して

男は僕ともう一人くらいしかいなかった。

 

講師は男の方が多いのになんでだろう。。

 

まぁ、いいや。

男ばっかりでむさ苦しいよりずっといい。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »