« ブラウザ。 | トップページ | 歯医者。 »

2008年12月12日 (金)

うわさ。

自分の知らないところで、自分の情報が出回っている経験はありませんか?

ありますよね?誰でも多少の違いはあっても。

 

僕もそういうことよくあります。

 

僕が初めて会った人なのに、

「あぁ、あなたのことは○○さんからよく聞いてます」

とかさ。

 

でも、そんなこと言われても言われる側としては、

あまり心地良いものじゃないと思ってました。

 

自分の知らないところで自分のどんなこと言われているのか

わかったものじゃないし。

「やびって、実はホモなんだよ~」

とかさ。

 

まぁ、そんな内容だった羅本人を目の前にして

「あぁ、あなたのことは○○さんからよく聞いてます」

とか言えないか。

 

僕のことなんて、話のネタになるんだろーか!? と思ったりもしますが、

僕の話で誰かが笑ったり驚いたりしてるんだったら

知らないところで何を言われても別にいいかな、って思えてくる。

 

そういう僕も本人の知らないところでその人の話すること、よくあるし。

 

僕と実際に会う前に僕の話を聞いた人と会うときって、

ネットで知り合ってから、初めて対面するときに似てるような気がする。

実際、僕はネットを通して人と初めて対面た経験はないけど。

 

会ったこともない人ことを多少知っている・・・

「やびはどういう人間なんだろう?」

ってその人の中である程度の想像が広がっているわけでしょ!?

 

期待されるとそれに応えないといけないって、僕は思うわけです。

でも、どんな話をされているのか自分にもわからないから、

どういうふうに張りきればいいのかもわからない。

 

「やびはね、マジックが趣味なんだよ」

って事前に聞いているのであれば、マジック披露に力入れますよ!

「やびはさぁ、趣味で名刺を作っているらしいよ」

って聞いているのであれば、最新版の名刺を差し上げますよ!

「やびの趣味は、カラオケだってさ」

カラオケ屋でそんなこと言われたら、僕のオハコだって歌いますよ!

「やびの家にはジャグリング道具がそろっているらしいよ!」

そう言われたら、ジャグリングを披露しないわけにはいかないさ!

 

しかしながら、事前に聞いておかないと準備できないものが多いので

たいていの場合、その期待に応えられてないんだろーなと思います。

マジックとかジャグリングとか、道具がなかったら披露できないし。

 

・・・期待なんかされてないって考えた方が楽かな。

無理に自分をさらけ出そうとすることもないか。

 

でも、そういう場面って自分を知ってもらうチャンスなんだよなぁ。

張り切りすぎたらヒかれてしまうし、何もしないのはもったいない。

 

人の目をすごい気にしてしまうこの性格、

ずっと前からなんにも変わってない。。

進歩ねぇなぁ・・・

 

とりあえず、今回の記事で言いたいことは

自分に関する影での話は全面的に受け入れる方向で考えているということです。

陰口は悪い内容のことだけれど、「君の話は聞いているよ」って言われること自体

良いことなんだよね、きっと、それは。

そう信じてないとやってられん、って感じ。

|

« ブラウザ。 | トップページ | 歯医者。 »