« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月29日 (木)

借金完済。

とうとう…

 

とうとう、僕が抱えていた借金がなくなりました!

奨学金という名の借金が。

 

これで、ようやく貯金ができるぞ~。

 

なんか、めっちゃウレシイんですけど。

 

今まではとにかく、金欠ということが多かった。

 

ある分だけ使ってしまうのが僕の良くないところだ。

ちゃんと貯金するようにしよう。

毎月いくらずつ貯金しよう?

 

そうだ。

 

投資信託のために、だいぶ前に口座を開設したものの

それ以来使っていないため、暗証番号がわからなくなってしまった口座がある。

このマネーリザーブファンドならば、お金は預けられるけど、引き出せない。

壊さなければお金が出てこない、豚の貯金箱のようなものだ。(?)

 

しかしこの場合、いざというときにも、すぐにお金を引き出せないのが痛い。

僕はそれくらいしないとダメかもしれないなぁ。

|

2009年1月26日 (月)

自分の説明書。

タイトルは、血液型ごとに売り出されている本のことですが、

本屋に寄ったときに目についたのでちょっと見てみることにしました。

 

「どうせ、書いてあることは僕に当てはまることばっかりなんだろうな」

って、見てみる前から思ってましたが、その通りでした。ほとんど当たってる!

僕は典型的なB型人間だからなぁ。

 

そんなことを考えていると、中学生か高校生かよくわからない

女子生徒が二人やってきた。

会話が耳に入ってきたので紹介します。

 

生徒1「そういえば、自分の説明書欲しいって思うんだけど~」

生徒2「そうなの?」

1「っていうか、私A型じゃないって最近わかったんだよ」

2「え?A型じゃないの?じゃあ何型?」

1「O型なんだって。」

2「そうだったの?今までずっとA型だと思ってたよ。ほんとに?」

1「んー、わからない。」

2「テキトー???」

1「それよりも、今度の休み何する?」

2「えーと…」

 

生徒1に関しては、僕は「お前、B型だろ!」と心の中でツッコんでいましたけどね。

あまりにもマイペースだ。そしてテキトー過ぎる。

 

自分の説明書というのは、当てはまると思う項目にチェックしていき、

すべて終了した時点でチェックされた項目だけを抽出すれば

己の人格を表現できるものと聞いていますが僕の場合は

その本1冊がまさに僕ではないか?という感じがしました。

全ページは見てないけど、そんな感じがしました。(ほら、テキトーでしょ。)

 

しかし、これほど膨大なチェック項目を羅列する側もすごいなぁと思いました。

作者は、きっと人間観察が好きなんだろうなぁ。

B型かな・・・

|

2009年1月23日 (金)

ベッドにイン!

今日はベッドを買いに行きました。

 

特に何事も問題なくセットできました。

ただ、お店から貸出してもらったトラックで自分の家へ運ぶ時が緊張でした。

 

Img_0442

 

後方は全く見えないのでルームミラーは意味ないし、

左車線へ移動するときに左後方を見ようと思ってもミラーに映らない部分が見えない。。

左車線へは車の動きなどを見計らって車線変更していましたが、

右へ車線変更する時もけっこう大変でした。

ワイパーが動く時の機械音も気になるし。

 

やっぱり、自分の車が良いなと思いました。

これより上質な車に乗ったらそれが良いと思うかもしれないけど。

 

ベッドのフレーム・マットレス・ベッドパッド・シーツを購入した。

敷きパッドもあった方がいいんだろうか。。

それは必要時においおい買っていけばいいか。

 

では、おやすみなさい。

|

2009年1月19日 (月)

おそっ!

もう1月も後半です。

 

周りの人たちも「もう1月も終わりに差し掛かってるんだ」と言っているくらいなので、

「はやっ!」などという言葉をタイトルにすると、記

事の内容が推測されてしまうかと思ったので敢えて反対の言葉をタイトルにしてみました。

 

特に、最近はやらないといけないこととかやろうと思ってることとかがあるので

余計に時が早く過ぎるように感じるのかも。

 

眠い。

|

2009年1月16日 (金)

不発弾。

最近沖縄県の糸満市で、

埋まっていた不発弾が爆発して2人が重軽傷を負う事故が起きました。

 

不発弾が爆発したとき、僕は現場からそう遠くない場所にいたのですが

ドーンって鳴って建物内が揺れたときは車がぶつかってきたのかなと思いました。

 

今夏は不発弾撤去工事などの最中に爆発したのではなくて

水道管の工事中に重機が掘削作業の段階で不発弾に触れてしまったために

誤って爆発したらしい。

 

工事の前に不発弾の探査作業などを行っていれば今回のような事故は

防ぐことができたのに、と新聞やニュースなどで言っていた。

 

県内では今までに137万個以上の不発弾が発見されているらしいが、

まだ2500トンくらい残っており、すべての不発弾を撤去するまでには

あと50年はかかるだろう、とのことです。

 

関係ないのに被害を受けた人は、とても気の毒です。

|

2009年1月13日 (火)

旧友との再会。

みなさまは、昔は同級生だったが今や連絡の取りようもない友人はいますか?

 

僕はいっぱいいます。

高校の友達はまだ比較的よく連絡が取れてる方だと思うのですが、

少額や中学卒業以来会ってない友達というのは、もう連絡が取れない人たちです。

 

もしも、そのような人たちと偶然な再会をした場合、仲が悪いなどの理由がなければ

「お久しぶり!」とか、それなりのあいさつをすると思います。

 

僕は仕事がら、不特定多数の人と顔を合わせてるのですが、

ごくまれに旧友と再会することがあります。

 

ここ3年間くらいで2人に再会しました。

 

しかしながら、僕が顔を合わせる方々は多少なりとも病気を患っているので

体調が良いわけがない。顔色もコンディションも悪い方が多いです。

 

再会した2人もすごく体調が悪そうだった。

本来であれば「久しぶり!僕のこと覚えてる?」などと

思い出話に花を咲かせるところですが、そんな状況でもないので

いずれも必要最小限の会話のみ。

 

以前は仲が良かっただけにすごいもどかしい思いをします。

仕方ないんだけど。。

 

次は職場以外の場所で再開しようよって感じ。

お大事に。

 

P.S.

これも職場での話ですが、突然他部署のスタッフに言われました。

「嫌われてますよね。」

 

???

 

なに、突然!?って感じですが、

どうやら、そのスタッフが僕に嫌われていると感じたらしい。

 

特に僕は、そのスタッフのことを嫌っていたわけではありません。

良くも悪くも何の感情も抱いていませんよ、って感じです。

 

しかしながら、自分の中で嫌われているって感じてても

それを言葉にするというのは、よほどのことなんだろうと思います。

僕って、そんな愛想のない対応をしてしまっていたのかな。反省。。

|

2009年1月11日 (日)

まくら。

今日は休みだったので、ベッドを見てきました。

 

糸満から新都心~泡瀬~南風原を経由しました。

昼の1時前に出発して、帰ってきたのは夕方の6時過ぎ。

 

無印良品・maxplus・TODAY O!K・ニトリを訪れましたが、

今日は下見なので購入するつもりはありませんでした。

でも、おかげでめぼしい商品を見つけることができました。

 

次は購入のために訪れたいと考えています。

ベッドを決めるためには、実際に横になってみないとわからない。

シングルベッドドットコムにも、そう書いてあった。

http://single-bed.com/

 

でも、実際ベッド売場でベッドで寝ている人は少ない。

それは、人に見られたるのが恥ずかしいからだと思うのですが

僕はちゃんと眠りましたよ。

 

横になるだけではなく、数分間はしばらく寝た姿勢を保つべし。

シングルベッドドットコムには、そう書いてあった。

なので、仰向けの状態で5分くらい目をつぶって寝てみました。

 

確かに、しばらく寝た方が感触がよくわかる。

マットレスの種類によっては、横になってじわじわ沈む素材のものもあるので

そういうものは触ったりちょっと寝ただけではわからないなぁと思った。

そして、ちょっと寝がえりを打ってみたり。

 

店員さんに迷惑がられるかなぁと思ったけど、

わざわざ枕まで持ってきてくれました。

親切な店員さんだ~。

 

ベッドの購入は決定したとして、そのあとどうするか。。

ベッドには敷布団は不要だが、シーツとベッドパッドが必要らしい。

シーツは洗うときのことを考えて少なくとも2枚は買った方がいいんだろうか。

・・・とかイロイロ考えます。

 

話は変わりますが、店内を回っているうちに

枕コーナーに立ち寄りました。

 

友達がやたら絶賛している枕があるので

一度見てみようと思ったからです。

9000円もする枕なのですが、僕は枕に9000円もかけるなんてありえねーって思いました。

その枕は、もちもちふわふわ感触のヘブンリータッチ枕とのこと。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/futon/mtsht-04iv.html

 

枕を見ていたら、店員さんに声をかけられて

試しに使ってみますか?と勧められました。

試すのは無料無料~♪

とか思って気軽にいろんな枕を試していたのですが、

枕もいろいろ試してみると自分に合っているものとそうでないものがわかる。

 

友達が絶賛していた枕はどうやら僕にとって高さがありすぎるようだ。

もう少し低い枕もあるが、サイズが小さいので寝返りを打つと枕からずり落ちてしまう。

自分に合った枕はどれか、店員さんも巻き込みつつ

たぶん、体験コーナーに20分くらいは居続けたんじゃないだろうか。

 

僕の頭にベストフィットする枕を見つけた。

Img_0375

 

そして、購入してしまいました。。。

 

「天使のほっぺの、やさしいタッチ」という紹介文は購入して初めて気がついた。

この枕、1万円以上するのですが、、、9000円の枕なんて高すぎると思っていたのに

ベッドとか高級枕とか見ているうちにいつのまにか金銭感覚がマヒしてしまったようだ。

 

こんな状況でカジノとかやると大変なことになるんだろうな。

今日はおとなしく寝よう、この枕で。。

 

P.S.

今日は特に寒かった。。

今日の午前中はUHFアンテナを交換する予定だったのに、

あまりの寒さにベランダに出るのをためらってしまった。

というか、アンテナ交換は延期しました。もっと暖かい日にやる。

屋上はベランダよりも風が強くてもっと寒く感じるに違いない。

 

那覇で最低気温11度だってさ。

沖縄で11度とかありえんよって感じ。

しかも風も強くて、太陽がまぶしいのに雨もけっこう降っていた。

変な天気だ・・・。

|

2009年1月 8日 (木)

丑年。

最近、動画を撮影するのがお気に入りなのですが、

先ほどニュース番組の1コーナーであるウミウシの特集を録画しました。

 

これは、今日の記事に使えるわ~と思っていたのですが、

動画のアップロードに関して、テレビ番組の投稿は禁止!

という基本的な部分をすっかり忘れておりました。

 

せっかく撮ったのに。。

 

もう、他に伝えることはありません。

続きを読む "丑年。"

|

2009年1月 5日 (月)

ベッド。

昨年末に我が家の・・・というか、僕の使ってるベッドが壊れました。

パイプベッドなのですが、今住んでる所に引っ越してきてからずっと使ってるので

もう10年以上が経っている。(大学4年間は帰省時くらいしか使ってないけど。)

 

具体的には、4本で支えてるパイプのうち、真ん中の2本が折れました。

なので、そのままではベッドの真ん中がへこんだ「く」の字になってしまうので

現在はへこまないように新聞紙を積み重ねて高さ調整をしています。

「く」の字のまま寝ると、腰に悪そうだよね。

 

10年ももてば十分かな、と個人的には思ってるので

家族の勧めもあり新しいベッドを買うことにしました。

ベッドにあまりこだわりはなかったのでパイプベッドでも折りたたみでも

なんでもいいかなーと思っていたのですが、今日ニトリに行って気が変りました。

 

ニトリに置いてあるベッドに試し寝してみたところ、

「ホテルのベッドのようだ、スゲー!」と感動しました。

こんなのが一般に売っていたとは、みたいな感じです。

 

そういうベッドは値段も高いので、よく勉強してから買おうと思い

以下のサイトで勉強しました。

http://single-bed.com/

 

ボックスシーツってなんだろう。

ポケットコイルってなんだろう。

ベッドパッドってなんだろう。

マットレスのローテーションってなんだろう。

 

専門用語なんて、解説を見ればすぐわかることなのですが

ベッドのことを知れば知るほどに、購買欲が湧いてきた。

そして、パイプベッドを買う気は失せてしまった。

 

でも目覚めたときに感じる、疲労感や肩こりや眠った感じがないのは

もしかしたらベッドのせいかもしれない、とか思ったりする。

質の良いベッドで寝たらきっとそんなこともないに違いない。

 

ベッドの値段はピンからキリまであって、価格差が大きい。

高級ホテルで使われているようなものがほしいわけではないけど、

どうせなら自分に合ったベッドがほしい。なるべく妥協はしたくない。

通販では寝心地とかがわからないので、面倒でもお店で実際に確認した方がいいなと思った。

 

ニトリに行ったときはずいぶんと値段が高いなぁ、と思ったのですが

調べてみたら、ベッドにしては妥当な値段なのかもしれないと思い直した。

次の休みの日にもう一度ニトリに行ってみよう。

だいたいの購入条件も絞れたような気もするし。

 

年始めに寝具を新調できるなんて、なんだか嬉しい。

|

2009年1月 3日 (土)

ムービーメイク。

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくおねがいします。 m ( _ _ ) m

 

最近は、家でムービー編集に精を出しております。

これは、僕が今年参加予定の披露宴の余興に関するものです。

 

この記事を読んでいるメンバーに

「おぉ、編集に精を出しているということは、任せちゃって大丈夫かな?」

と思われると、また考えの食い違いが出てきてしまいそうなので

念のために言っておきますが、まだ大して進めることができていません。

余興本編は今のところ全てのシーンのムービーを撮り終わっていないし、

他のメンバーの意見も取り入れつつ編集作業を行う予定なので。。

 

現在僕が主にがんばって取り組んでいるのは

ムービーのおまけともいえる、メイキング映像の編集です。

これは、僕が当初からやってみようと思っていたものです。

余興本番では流さないけど、DVDに焼いて差し上げるときに

本編以外にも映像特典がついてるよ、的な。

 

あくまで僕個人的な願望でやっているものなので、

他のメンバーの手は煩わせないようにしているつもりです。

でも、本編以外のポージングとかインタビューや、メインカメラの操作などは

お願いしてるので、もはや手を煩わせないとか言ってられるものではないですケド。。

そして、メイキング映像の編集は僕が独断で全て行ってしまう予定です。

 

ムービー撮影の日だけではなく、だいたい毎週行われている打ち合わせも

DVDに収録する予定なので、溜め込んでしまうと編集がめちゃ大変。

だから、だいたいその都度終わらせていますが、回数を重ねるたびに

なんだか経験値を積んでいるような感覚。←錯覚だと思うけど。

 

撮影し終わったムービーをシーン毎に分類して、

静止画、動画、音声のファイルも分類して、1つの映像に仕上げる。

何回かやってみて思ったのですが、

音声と映像のファイルを組み合わせるというのが一番大変だと思った。

 

確か、ちょっと前にテレビで見たことがある。NHKの解体新ショーという番組をご存じですか?

あれで、聴覚の時間分解能は視覚の時間分解能よりも優れている、とか言っていた。

時間分解能?ハァ??? と思われるかもしれませんが、(僕も思いましたが)

これは、視覚よりも聴覚の方が時間的な違いを見分ける能力が高いということだそうです。

 

僕が覚えている範囲ですが、具体的には

動画は1秒間に何コマもの静止画が組み合わさってできているものですが、

それが30コマ以上で構成されていれば、人間の目にはなめらかな動画として映るそうです。

1秒間に30コマ未満だと、「ちょっと画像がカクカクしてんじゃね?」と感じるそうです。

 

音の場合も、1秒間に瞬間的な音がいくつも組み合わさって連続した音として聞き取りますが

音の場合は1秒間に30個だけでは人間の耳にはプツプツ途切れた音に聞こえるそうです。

1秒間に250個以上(たぶん。)の音が連続してないとダメみたいです。

 

まぁ、たぶんそういうこともあって、映像に音声を組み合わせるのが

大変なんだろうなーと僕は思っていますが、大変以上に面白い!!

今まで動画の編集をしたことがないから、面白いのは今だけなのかもしれませんが

これはちょっとやみつきになるね、と思った。

たぶん、メンバーの誰よりも僕が余興ムービーを楽しんでるんじゃないかと思う。

 

僕の成果はDVDに焼いてメンバー全員に見てもらう予定ですが、

DVDに残せないような細かい編集作業の部分まで体験できるので

あぁ、テレビ番組とか作ってる人たちはもっと大変なんだろうな

とか思ったりします。

趣味でやりたいときだけやる分にはいいけど、仕事となるとキツイものですね。

 

作業は動画の切り貼り試行錯誤の連続ですが、「あ、こういう演出はどうだろう?」

って思い立って、実際にできた時の感動と言ったらそれはそれは、もうそれは。

誰かに見せたくなるもん、こんなんできましたけどー!って。

そして「おぉ、スゲーじゃん!!」って褒めてもらいたい。

 

でも、完成するまでは見せられない・・・

 

P.S.

記事を書き終わって思ったんですが、

めっちゃ期待させるような文面ですね、これは。

でも、しょせん僕は素人なのでテレビで見るような演出は期待してはいかんよ、ほんとに。

 

「あ、これは一歩ローカルテレビの演出に近づけたかも」

みたいなレベルで大喜びしている程度なので。

 

でもこうなってくると、プロが使うような動画編集ソフトを使ってみたくなる。

でも、そんなソフトは僕の持ってるパソコンでは満足に動作させることも困難か。。

 

今日はパソコンばっかり見てて、めっちゃ目が痛いよ。

寝よう寝よう。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »