« からあげキャンペーン | トップページ | ワンピース。 »

2009年2月22日 (日)

へろへろ会見。

中川元大臣のニュースにて、お酒と薬の相互作用の影響か?

と言われていますが、お酒と薬は相性が良くないっていうのは常識かと思います。

薬の種類によって影響の出やすいものとそうでもないものはありますが。

中川さんも知ってたと思いますが、まさかああなってしまうとは自分でも思わなかったんでしょうね。

見てて、ひどいと思った。

 

しかしながら、みんな知ってるだろうと思うことでも100%はありえない。

例えば、カラに入っている錠剤の場合は

PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。[PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。]

という文句がほとんどの薬の添付文書に表記されています。

 

錠剤の場合、ふつうは保存のためにカラに入っていて、そのカラのでっぱってる部分を

親指で押して、裏側のシートから破れて出てきた錠剤を飲むというプロセスを踏みますが(文字で説明しにくい。。)

人によっては「今まで薬を飲んだことはない」という人もいるわけで、

薬の出し方がわからない人はカラから出さずにカラ付きのまま飲みこもうとするケースもあるらしい。

 

添付文書の内容はそういう人には、ちゃんと錠剤をカラから出して飲むように伝えてください

ということです。

 

錠剤の出し方がわからない人もいるのだから、薬とお酒の相互作用について知らない人は

数的にはもっと多いに違いない。

 

なので、こういうニュースを見ると改めてそういうところに注意しないといけないのかなぁと思います。

お酒と一緒に飲むとね、中川さんみたいな状態になりますよ?

とか言うと今の時勢なら患者さんもイメージしやすいかもしれないなぁ。

|

« からあげキャンペーン | トップページ | ワンピース。 »