« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

F1開幕!

興味のない人にとっては本当にどーでもいいことですが、

2009年のF1グランプリが始まりましたよ♪

 

しょっぱなはオーストラリアグランプリです。

ナゼか、沖縄は予選が放送されなかった。

辺鄙だからか!?・・・それなら仕方ないな。。

 

オーストラリアGPはアクシデント多発でした。

実況・解説の人は「毎年荒れるんですよねぇ。」とか言ってましたが

ホントに、いつもの感じじゃなかったように思います。

 

次は4/5マレーシアGPです。注目ですね!

・・・しかし、またしても沖縄では予選は放送されないらしい。

|

2009年3月28日 (土)

あいのり。

この前、最終回スペシャルしてましたが、

終わり方が中途半端で残念でした。

でも、ところどころ見たことある場面が流れてた。

 

しかし、あいのりに参加するというのは並みならぬ覚悟が必要だなと

改めて思いました。

僕はあの集団の中には入る度胸がない。

 

目の前で自分の好きな人がだれか別の男に告白する、

もしくは告白されるのを目の当たりにする可能性があるんでしょ。

人のことばっかりではない。

 

もしも自分が告白する立場で相手にふられたらどう思うだろう。

やはり悲しむに違いない。

あいのりのルールがよくわかっていないのですが、

告白する場合はふられてもそうでなくても日本に帰国しないといけないのですか?

それもまたアレだな。。

 

でも、ああいう感じでいろんな国を巡っていろんな体験をして

長期間一緒にいると恋心というよりも仲間意識の方が強まるんじゃないかと思ったりしましたけども、

日本にいては体験できないようなことばかりなので当事者同士に特別な感情が生まれるのかもしれないですね。

 

一週間だけ体験参加してみたかったなぁ。(もう終わったけど)

 

P.S.

僕の飲み仲間によく「あいのり」フレーズを使う人がいます。

恋愛において大事な3つのもの、それはフィーリング・タイミング・ハプニングだ!

っていう内容。聞いたことありますか?

その人いわく、一番肝心なのはタイミングらしい、、、あれ?ハプニングだったかな?

忘れた。。

考えてみたら、「あいのり」の影響というのはけっこう大きかったんだなぁ。

 

P.S.P.S.

地元でたまにラブワゴンを見かけることありますよね?

物好きな人が趣味で塗装してるんだと思いますが

それも見ることがなくなると思うとさみしいですね。

|

2009年3月24日 (火)

遅刻間際。

いつも、僕はちーぼー(妹)を車で高校に送ってから職場へ向かいます。

 

家を出発する時はたいがい、僕は先に車の中で待機していて

ちーぼーが乗ってきたら発車するという流れなのですが、

ちーぼーが準備に手間取っているとその分だけ出発が遅れる。

 

平均すると、普段は0校時が始まる3~5分前くらいには高校に到着します。

少し前までは10分くらい前には到着していたので、次第に遅れてきてる感じ?

 

でも、時間内に到着すればまったく問題はないわけで、

ちーぼーもギリギリに到着することに関しては特に気にしていない様子。

 

おとといのことですが、出発が普段よりも5分ほど遅れた。

単純計算すると、普段は授業の開始3~5分前に到着するのだから、

出発が5分遅れたら遅刻してしまうと思われる。

 

でも、不思議なことに今までにもこういったことが何回かあったが遅刻は一切なかった。

なんだかんだ言って2~3分くらい前には到着するのだ。

 

そんな感じで、今回もあまり気にしていなかったのですが、

目的地に到着する直前、周りの様子が違うことに気がついた。

普段は、他にも保護者が生徒を車で送っているので、僕の車以外にも

高校周辺には送迎の車がわんさかしているのだ。

 

しかし、その日は一台もいなかった。一台もいないとか、ありえない。

 

さすがに、その状況にびびったちーぼーは時刻を聞いてくる。

えーと、時刻は、、、あ!やばいよ。あと40秒で授業始まるよ?

 

周りの生徒が走っていても、普段は走らないちーぼーが

車を降りたとたんに校舎に向かって走っていた。しかも、一人だけ。

周りには誰もいない。

 

どうやら、その日は今までのように行かなかったようだ。

 

こんなこともあるんだなぁと思いました。おわり。

|

2009年3月21日 (土)

Photo

Photo_2

 

上の2つはインターネットでどっかのページを開いた時に出てきた宣伝画像です。

 

文字よりも写真の方が先に目に入ってきたのですが、

息のにおいが気になるの?って思ってしまいました。

 

こういう感じで、自分の体臭を消す石鹸なるものの宣伝を以前見たことあるものですから

てっきりこれもそれ関係の宣伝かと・・・

 

それにしても、年収か。

 

僕の勤めている職場は経営が厳しいみたいで、

科長によると、他の同系統の職場に比べても給料が安めらしい。

というか、同じ職場でも他の部署に比べてうちの部署は給料が安めらしい。

 

今のところ、僕は不満を抱いているわけではないのですが

僕が今の職場に就いて4年弱。すでに10人弱くらい辞めてる。(約30人中)

いずれも一身上の都合とのことで理由は定かではありませんが

「給料が安いからじゃない?」って色々なところから言われるので

そうなのかなー?どうなのかなー?と思ったりしています。

 

新聞の折り込みで求人情報など出ていると、

実際にその職場に行っていろいろ話を聞いてみたい気もします。

僕は今の職場が1つ目なので、何が普通で何が普通じゃないのか

他の職場との比較もしようがないという理由です。

 

とは言っても、今の職場ですら満足に業務をこなせていないのに

他の職場はどうなってるのか知りたいなんて、早急な話か。

 

でも、辞める人が「この職場に就いてた期間はブランクだと思っています」

とか言ってたのを思い出すとすごい不安になる。。。

|

2009年3月18日 (水)

悪夢。

自分が殺される夢を見ました。

正確には、殺される直前までですけども。

 

夢の中では殺し屋が拳銃を持って白昼堂々やってきたわけですけど、

「お前を殺す!」とか言ってくるわけですよ。

 

「ちょっと待って待って、まだやり残したことがある」

って言うと、猶予時間をくれました。

「やり残したことはさっさと済ませろ。その後に殺す」

って言われた。

 

殺されるまでの制限時間とかそういうのはなかったのですが

とりあえず、遺言書を書いておこうと思って

家族や友人、職場の人などに宛ててメッセージを書きました。

職場の人あてには仕事の申し送りも含めて書いてた気がする。

  

遺言書を書き終わって

「もうやり残したことはないか?」

と殺し屋に聞かれて、やり残したことを考えていたけども、特に思いつかなかったので

「もうないです。」

って答えたら銃口を向けられて殺される・・・直前で目が覚めました。

 

あ~生きてるーとか思って安心しました。

 

夢の中に出てきた殺し屋は親切(?)にも猶予時間をくれたけど、

そんな融通の利く殺し屋ばかりの世の中じゃないですから。

というか、僕のような凡人が殺し屋によって殺されるケースは稀だと思いますが

殺し屋によるものじゃなくても交通事故など身の回りは生命の危険がいっぱい。

 

気が向いたら遺言書を書いておくのもいいかもしれない、と感じました。

|

2009年3月15日 (日)

欲情の作法

タイトルはこの前、テレビで紹介されていた本の名前です。

 

気になったので、近くの書店で立ち読みしました。

概要は、恋愛がうまくいかない人(男性)はどのような心構えをもってすれば女性をゲットできるか?という感じです。(僕が読んだ限りでは)

 

はぁ、、、ほぉ、、、なるほど、、、それはどうなんだろう?

読んでてそんな感嘆句が出てきましたが、恋愛下手な僕が読んでて

確かにそれはそうかもしれない、だけど・・・

っていうような、納得できるけど賛同しがたい、みたいな部分が多かったような気がしました、あくまで僕の意見ですが。

 

著者は現在75歳とのことですが、僕よりも3倍長く生きているだけに

きっと恋愛うんぬんについては百戦錬磨なのでしょう。

ジェネレーションギャップも多少はあるのではないかと思いますが。

 

僕自身が経験してきた恋愛と重ね合わせても

本に書かれている内容は部分的に合致しているようなところもいくつかあるような気がします。

 

自分が恋愛に没頭している最中というのは周りが見えていなかったと思う。

そのため、相手がどう考えるのかまで想像することもできない。

自分勝手で思いやりのない行動が多かった気がします。

今はさほど恋愛に没頭している時期ではないのでそう思うのかも。

岡目八目と同じ発想です。

 

その事実がわかったからと言って、今後没頭する次期になった時に

相手が考えることまで想像を巡らせることができるようになるかはわかりませんが。

 

恋愛に没頭中かそうでないかによっては

好きな人の前では性格的にも、多少変化があるような気がします。

それは僕が多重人格ということではなく、

家族の前で見せる僕の性格→身構える必要がないのでだらしない

友達の前で見せる僕の性格→外出するのでそれなりの格好と心構え

職場で見せる僕の性格→仕事をこなさなければいけないので普段よりしっかりめ

というような違いがあるのと同じようなものです。

 

好きな人の前にいても、心臓がドキドキして正常な思考ができない時と

ある程度時間が経って、ドキドキもほどよくおさまって冷静に考えられる時というのは

性格も態度も表情も発する言葉も変わってきて当然だと思います。

世間一般ではそれを「冷めた」というのかもしれないですが、

今後また再燃してもおかしくない、いわばアイドリング状態なのではないかなと自分では思っています。

 

真意を直接本人に聞いたわけではないのですが、

同じ職場で働いてもうすぐ4年目です。

そんだけ長く一緒に働いてたらだいたい何を考えてるのかわかってくるもの。

 

しかし、相手は女性ですから男の僕の思考が簡単にあてはまるなど

一筋縄ではいかないというのはわかっているつもりです。

そういった未知領域を考慮してもどういう人物かある程度理解しているつもりです。

 

休憩時間など話す機会は頻繁にあるのですが、

相手の表情や態度や会話の内容から察するに

僕のことを好意的に受け止めているように見える。

でも、それは職場の人間関係を円滑にするためというのが大部分を占めており

私的に受け入れているわけではないようだ。

探りを2~3回入れたこともありますが、そういう裏付けも含めた考察です。

 

僕は、好きな人が好きなもの(思想)を好きになる(肯定したくなる)性格なので、

そういった「僕になびかない」という部分も好きです。

でも、もし今後僕になびくことがあれば始めはとまどうものの、そういう部分が好きになると思います。

・・・つまり、好きな人がそう思うんだったらなんでも良いよ!ってことです。

 

すいません、散々文章を書いておきながらそんな短絡的な結末で。

でも、ぶっちゃけそんなもんでしょ。

 

もし、この人が「結婚することになった」とか「職場を辞めることになった」とか

そういうことになったら、僕はどう思うだろうって考えてみたんですが、

多少のショックはあるものの、受け入れることも立ち直ることも結構できる気がします。

 

もしも、今後連絡を取ることがなくなったとしても、大丈夫な気がする。

以前、衝動的に、この人のアドレスを消しちゃったんだよね。。。

かといって、一度聞いているはずのアドレスを再度聞くわけにもいかず。。

(本人の了承がなければ第三者からその人のアドレスを聞くというのも個人的には抵抗がある)

だから、連絡が途絶えるというのはありえない話ではない。

 

話は戻りますが、「欲情の作法」の中では

相手を褒めろ、褒められて怒る人はいない、褒めるときは心を込めないのがポイントだ

みたいなことが書かれていました。

「切羽詰まらず、気持ちに余裕を持っている方が話す側も聞く側も楽だ」

というのは僕も感じているところですが、強いて言えばそれが共通点だろうか。

そういう点では以前よりも態度が改善できているのでは?と自分で思います。

 

好きでもない人からしつこく付きまとわれるのは誰でも嫌悪感があると思います。

なので、相手が嫌悪を感じだろうと思う程度に人間関係続けているつもりです。

「欲情の作法」著者の渡辺さんはきっと、それではダメだ声をかけてみることから始まるんだ。

とおっしゃるかもしれませんが、個人的には今の状態で充足しております。

 

逆を言うと、僕はこの人のことを好きではあるけど結婚したい衝動には駆られません。

「結婚してください」って言われたら、うんいいよって言うかもしれませんが、

今までの過程からしてそういう展開はないと思います。

好きな人、憧れる人が近くにいるって素晴らしいことだと思うので

そういう状況が続くことが僕の希望です。

 

あ、なんだか記事を書いててスッキリしました。

そうだそうだ、僕が言いたいことはそういうことなんだ。

(すいません、自分の気持ちを模索しながら記事書いてました。)

|

2009年3月12日 (木)

マジック。

この前、芸人がネタをしながらマジックをするという番組が

放送されていました。

 

僕は、前回のも見たことあるのですが、かなり大がかりなもの・・・イリュージョン的なものが多いように思いました。

個人レベルではいろんな問題があり、なかなかイリュージョンはやりにくいもの。

僕もやったことないです。

 

なので、どんな仕掛けなのかわからないものも多い。

マジックは、考えるものじゃない!楽しむものだ!

誰かがそんなこと言ってましたね。

 

マジックもすごかったですが、やっぱり芸人なので

お笑いネタの方が面白いなと感じました。

 

近々、同職種間での飲み会があるのですが、久々にマジックをやってみようかなと思いました。

こういうのに、すぐ触発されてしまうから、僕は。。

|

2009年3月 9日 (月)

クロスワード。

Img_0575 

 

僕は、普通の人よりも雑学知識に長けてないと思うので、

クロスワードは苦手です。

 

そんな僕でも完成できた、簡単なクロスワードパズルに出会いました。

完成した喜びに浸る。

 

このクロスワードパズルは特定のマスをつなげることによって

新しい単語ができる。その単語を答えよというのが問題だ。

 

さて、僕が導き出した答えはというと・・・「ユキワリソウ」・・・はぁ??

 

「ユキワリソウ」とは何だ?

と思って調べてみる。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/yukiwarisou.html

 

「ユキワリソウ」は漢字では「雪割草」と書くらしい。

僕は草花には詳しくないのですが、この植物って

僕の地元である沖縄にも生えてるのかな??

沖縄では雪降りませんけど。。

(沖縄にだけ対象としたパズルではないということですね。)

 

せっかくクロスワードパズルを解いて良い気持ちに浸ろうと思っていたのに

答えが耳慣れない単語だったことに対して、個人的にはちょっと不満。

 

その不満も自分に教養がないことによる自業自得とは言えるのですが、、、

 

やっぱり、クロスワードパズルは僕の性に合わないみたいです。

|

2009年3月 6日 (金)

車に触角。

Img_0373 

 

前を走っていた車のタイヤの部分に妙な突起物を発見。

 

画像のようなものが4か所にあるのですが、コレ何のためにあるかわかりますか?

僕の車にはこんなのついてないし、他の車でも見たことない。

 

なんだか、邪魔そうな感じに見えるけど何か利点があるからつけてるんだろう。

何のためにあるのかなぁ??

 

アンテナ・・・じゃないよね。

静電気を逃がす・・・わけでもなさそうだし。

何かのセンサーだろうか。

 

知ってる方、ぜひ教えてください。

知らない方、モヤモヤさせてしまってすいません。僕も答え知りません。

|

2009年3月 3日 (火)

菓子。

最近、ちーぼー(妹)がお菓子を作ったようなので

画像をアップしました。

 

Img_0550

 

Img_0551 

 

Img_0552

 

ちょっと形が崩れてるのとかもありますが、

味もなかなかおいしくて、

趣味の範囲でこれだけできるならそういった方向で

仕事をしたらいいんじゃないかなと思いました。

 

ね。

 

 

P.S.

職員健診がありました。

 

ナゼか、去年より視力が上がってました。

(去年は両目1.0だったけど、今回は右目1.5左目1.2)

 

うーん。。

ちょっとみなさんに伺いたいのですが、「C」の形した輪の穴が

「はっきりとは見えないけど、なんとなく右のような気がする」

とかの判断でもOKなんですか?

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »