« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年8月25日 (火)

当たるも八卦当たらぬも八卦。

テレビや新聞やラジオなど様々な媒体を介して、毎日のように占いが報道されます。
種類は血液型であったり、星座であったり色々ですが、当たるも八卦当たらぬも八卦と言いますし、占いを信じる人もいれば信じない人もいるし、良いように解釈する人もいるし、それはそれで別にいいと思うのですが、テレビの星座占いを見ていて気になった言葉があったので写真に撮っておきました。(画像参照)

2位のコメントに注目してほしいのですが、「2位、かに座 他力本願で万事順調な日。遠慮せずに周囲に頼って。ラッキーアイテム:革張りのイス」。
さすがにこれはいかがなものか?と思いました。

遠慮せずに周囲に頼ってって・・・それは、周囲の様子を見てから判断すべきのような気がする。たとえば、職場で業務が滞りなく済んで時間が余ってて、ゆるい空気が流れている感じで、なおかつ相手が了承しているのあれば多少は他力本願な部分があっても構わないのかもしれませんが、仕事がキツキツで切羽詰ってるのに2位のかに座の人が仕事もせずに周りの人に仕事を押し付けていたらどうだろう?

普通の人だったら、占いの内容など二の次。その時の状況に合わせて仕事をするものだと思う。しかし、いっちょまえの社会人であっても占いを100%本気で信じている人も世の中にはいる気がする。

周りからしてみたら「フザけるなよ!」と思うことでも、当人にとってはとっても重要なことなのだろう。しかも、ラッキーアイテムで「革張りのイス」とか書かれてたら、自分は革張りのイスで足を組んで他人をアゴで使う様子がまざまざと目に浮かぶ。

そもそも、他力本願でオッケー!っていうのが運勢が良い(2位)というのとどういうつながりがあるのかよくわからない。ふらふら
僕は、基本的に「運勢が良い」という言葉は実力を伴わない事柄とか、因果関係のない場面で使うものだと思っています。具体的には「失くしていたものがたまたま見つかる」とか「じゃんけんに連続5回勝つ」とか「偶然行ってみた場所でタイプの異性に出会う」とかそういうものじゃないのかなーと。

2位のコメントに関して強引な考え方をすれば、「普段から周りに貸しをつくっており、お世話になっていると思っている周りの人が『いつもお世話になってるので今日は自分がやりますよ!』と自主的に仕事をこなしてくれるので、その言葉に甘えて他力本願な思いをする」というところだろうか。そこまで言ってくれれば僕も納得しますあっかんべー

そんなこと言ってたら、ほかの順位のコメント「夢実現へのチャンス到来。希望を念じればさらに前進」というのは何か努力したからチャンスをつかむことができるのであって、ただぼーっとしててもチャンスなんかやってこないだろう。
「意外な役立つ情報を入手。テレビや雑誌をチェック。」というのも、テレビや雑誌をチェックすればそりゃあ、何かしら役立つ情報は入手できるだろう。
「友達に頼られて人気UP 難題も解決し注目の的に。」も難題を解決できるほどの実力があるからこそ友達に頼られて人気が上がるのだろう、そんな人はその分野に関しては1日と言わず毎日誰かから頼られているのではないだろうか。

・・・と、つっこみポイントはいっぱいある。
たぶん、占いの結果を提供している人と僕の考え方が噛み合っていないんだろうな、と思います。具体的な例を挙げれば挙げるほど、「自分はこの占いには当てはまっていない」と思う人の割合は増えるしね。

営業妨害になってもいけないので、占いについてこれ以上とやかく言うのはやめにしようと思います。(だんだんボルテージが上がってきてるし、言葉が暴発しそうだし。山羊座)

つまるところ、占いは当たるも八卦当たらぬも八卦ですよねむふっ
(無理やり感)

|

2009年8月22日 (土)

連れたそがれ。

仕事が終わり、車で家に帰る途中交差点を右に曲がろうと対向車の様子をうかがっていたら、信号の上の方で歩道橋に佇んでいるおじさん二人を見つけた。

二人はこちらがわを向いて1メートルほど間隔を空けて歩道橋の手すりに寄りかかって立っている。
時刻は6時頃。今日の仕事も終わってきっと、たそがれているのだろう。

世の中はインフルエンザとか鉄砲水とかさまざまなニュースで騒いでいるというのに、なんて平和そうな二人なんだろう、むしろ不謹慎。

そんな二人を写真に写そうとしていた自分もどうかと思いますが右矢印の信号が点灯してカメラを取り出す時間もなかった。

あの二人はもしかしたら、計画的にたそがれていたのかもしれない。
二人で一緒に小便しに行くことを俗に「連れション」と言うが、「連れたそがれ」とか、そんな感じでしょ、語呂が悪いけど。

夕日に向かって男女が土手の上の方で寄り添って座っている場面などはドラマでよく見かけるように、男女二人でたそがれるケースは珍しくないと思う。
しかし、今回のようにおじさん同士でたそがれているというのはハッキリ言って、ただ事ではないように感じる。

これは、あくまで僕のイメージですが、リストラを通告する前の上司は「じゃあ、今日は俺がおごるから食事でもしようか。」などとやたら優しくなるように、今回も「ちょっと時間あるか?歩道橋の上に行こう!」という会話の流れがあったのかもしれない。

そうなってくると、深刻な話だ。

次もしも歩道橋の上でたそがれているおじさんがいる場合、その表情までしっかり見極めたいと思いました。

|

2009年8月19日 (水)

合格通知。

妹の志望大学の合格通知が届きました。

こんな時期に合格通知なんておかしいような気もしますが、AO入試というものにチャレンジしたそうです。

高校3年生のこんな時期に合格通知を受け取ったら、自分だったら卒業までのあと半年間遊びまくるねあっかんべー

|

野球サークル

この前、職場の野球サークルに初参加してみました。

テニスサークルで一緒に活動している人が野球サークルにも所属していたので野球やってみる?と誘っていただいたのがきっかけです。

サークルに参加している人たちは、ちゃんとユニフォームまで着ているので傍から見たらなかなか本格的な社会人野球チームな感じです。
僕はまだ正式にサークルに入会する覚悟ができているわけではないので普通にスポーツする格好で参加しました。

僕の野球歴は高校の体育の授業でやったのと、大学の研究室対抗試合みたいなのに少し参加した程度です。ルールはなんとなくしかわからない。

ストライクが3つでアウト、アウトが3つでチェンジ、ボールが4つで塁に出れる。デッドボールでも出れる。大まかにはそんな感じでしょ。ストライクゾーンとかよくわからないけど、打てそうになければ振らない。

第一打席→見逃し三振。打てそうにないと思った球がストライクでアウト。
第二打席→球を打とうとしたら自分の方に向かってくることに気づいた。でも気づいた時には避けられず、左の脇腹に直撃!

「アザできてるんじゃない?」とチームメイトに言われたけど、イヤまさかそんな…と思って見てみたら本当にアザになってました。。(画像参照)
軟式野球なので球は柔らかめだと思うのですが、それなりに痛かった泣き顔見事に洗礼を受けましたよ。

今回は塁に出れないだろうなーと思っていたので、ちょっと興奮しました。僕の次のバッターが二人アウトになって次のバッターがアウトだったら試合終了というタイミングです。僕のチームのベンチから「やび君、次のバッターが球を打ったらどんな球でも思いっきり走るんだよ!」とアドバイスが飛んできました。
は?なんで?と考えてたら、なるほど、フライなら試合終了なんだからダメ元で走るべきなのか。←考慮していたのはせいぜい3~4秒だと思うのですが、その間ピッチャーが1塁に牽制球を投げたらしく、僕が気づいた時にはタッチアウトになっていました。。

試合終了!ピー・・・なんてボロクソな内容なんだろう。反省点が多すぎる。

ピッチャーの動向のチェックを疎かにしていた僕の責任ですね。次から気をつけよう。そして、リードの距離とりすぎだった気もする。

守備ではライトにいましたが、一度も球が飛んできませんでした。

P.S.
高校の体育の野球の授業では、よくバットを飛ばしていました。
今回は、バットを飛ばさないように目標を立ててました。その意味ではミッション成功!

P.S.P.S.
高校の体育の授業の時も感じていましたが、自分がバッターボックスに立った時、ベンチや守備の人たちが「バッターへなちょこだぞー、前進守備ー!」とか言ってくる精神攻撃に弱いです。でも、よく考えてみたらそれってすごいチャンスなんだよなー。チャンスは活かすべきだ。

|

2009年8月16日 (日)

シンクロニー(?)

恋人同士の行動を見ていると、一人がグラスと傾けるともう一人も同じ行動をとる、一人が何かすればもう一人もそれと同調するように同じ行動をとる、という光景が目の当たりにすることがあります。

これは、好きな人の動作につられて同じ動作をとる心理的な作用が働いており、心理用語でシンクロなんとかというらしいのですが、よくわかりません。たぶん、シンクロニーだったはず。

好きな者同士はシンクロニー(?)するようですが、好きでなくても意識的にシンクロニー(?)することで相手に好きになってもらえることもあるらしく、交際するために恋愛テクニックとしてシンクロニー(?)を使うこともあるようだ。

逆に、嫌いだったらシンクロニー(?)は起こらないし、同調されても相手は更に嫌悪感を感じるのではないかなと個人的には思います。

初めてこの単語を知った時は、オォ!そんな簡単なことで相手に好意を抱いてもらえるのか?と思って早速実践したことがありますが、やり方がまずいのか知りませんがまったく効果ナシ。泣き顔

「フザけんなよ!バカ!」普天間基地の米軍による騒音問題に匹敵するんじゃないか?と思えるくらい100デシベル越え(←ウソ)の暴言を吐きました。詳しく覚えてないけど放送禁止用語とか無意識に発したんじゃないかな。

それからは、シンクロニー(?)という単語は僕の中で苛立たしいネガティブワードになりました。実に苛立たしい!ちっ(怒った顔)

基本的に、自分は他人に愛されてないと思っているので愛されるような努力をしたり、嫌な思いを抱かせないように存在感を消したりするのですが、もしも自分がたまたま相手と同じような動作をとっている場合、嫌悪感を感じさせないように敢えてタイミングをずらしたりしています。気配りのつもり。

シンクロニー(?)は、男女間のみで起こるのではなく、同性同士でも親友とか、仲が良ければ起こるらしい。そんな感じで大学の時の友達から影響を受けた仕草を僕が日常でたまにすることがあるのですが、それを僕の知り合いがしているのをみてビックリした。二次感染かな。病院

その人は女性ですが、僕に好意を抱いていることは100%ないんだよなー、これが。むしろ123456789876543210%ないと思う。それが残念だ。人の心をもてあそぶ傾向があるような人だから、もしかしたらシンクロニー(?)を逆手に取ってるのかも。僕よりも知識もあるし頭の回転も良いし、「あなたは単純すぎる!思考、行動パターンは全てお見通しだ」と直接言われたこともある。その瞬間、お前はどっかの占い師か?それともユタなのか?と思いましたけどもね。あなどれない。げっそり

P.S.123456789876543210は、単位をつけると12京(けい)3456兆7898億7654万3210です。

|

2009年8月11日 (火)

ビデオカメラ。

来年には買うよ!
と言っていたビデオカメラを購入しました。しちまいました。

これでダイビングするときにはちゃんと色の補正された動画を撮影できそうです。あっかんべー

アンケートに、「あなたは結婚していますか?」とか、「あなたは子供いますか?」とかの質問事項があった。全部ノー。
そうだよね~、ビデオカメラ買うとしたら普通は子供の成長記録とかそういう目的があるはずなんだけどね。。

ビデオカメラ(=お父さんの道具)をそろえる前に彼女を見つけろ!
と言われているような気がしました。ふらふら

|

シューマッハ。

ミハエルシューマッハという人物をご存知ですか?F1ドライバーです。

僕がF1見るようになったのは去年からですが、見る前から名前は知っていた。ニュースとかでよく流れていたような気がする。
母親ですら「車運転する人でしょ?」って知っていたくらいなのでその知名度はかなりのものではないかと思う。

シューマッハはおととし引退したらしく、僕がF1を見始めた時にはすでにいなかった。しかし、今度のグランプリに出場するらしい!

フェリペマッサというF1ドライバーがレース中に負傷してしまい、回復に時間を要するため、復帰できるまで代わりにシューマッハが参加するとのこと。

負傷する瞬間をテレビで見たのですが、それはそれは恐ろしかったですよ。前を走っていた車からパーツがとれて、それがものすごいスピードで自分に向って飛んでくるんですよ?実際は、自分から時速300kmでぶつかっているわけですが相対的に考えたらどちらも同じだ。

パーツがヘルメットにぶつかった後は意識がなくなり、コントロールを失った車体は防護壁のタイヤにぶつかって止まった。
現在は意識を取り戻して病院で治療中とのこと。病院

F1は毎回のように何かとトラブルが起こるものですが、今年のハンガリーグランプリは僕が見始めて史上最高のひどさでした。
コンピュータのトラブルでラップタイムが出ないとか、走行中にタイヤが外れて飛んでいくとかもあったし。。ふらふら

シューマッハも1年以上ブランクがあるみたいなので大きな事故を起こさないように安全第一でレースしてもらいたいです。あっかんべー

|

脱水症状。

1時間ほどぶっつづけでテニスやったらマラソンの後みたいに心臓がドキドキしてめまいがした。汗はいっぱいかいたけど水をもっていかなかったので水分は一切とってませんでした。たぶんそれが原因?

8回目にして水筒の大事さに気付きました。ふらふら

ホントぶっ倒れるかと思った。

|

ちんすこう。

※少しでも下ネタが嫌いな方は見ない方がいいかも。

沖縄のお菓子、ちんすこうをご存知ですか?
僕がちんすこうの存在を知ったのは小6くらいだったと思います。
ちんすこうを運ぶトラックにデカデカと「ちんすこう」って書かれているのを見たのがきっかけです。
ずっと沖縄に住んでるくせにそれまでは知らなかったあせあせ

ちんすこうって、文字の配列的に陰茎の別名に似てると思った幼き自分は、そんなの公然わいせつ罪じゃないか?と強烈な印象を受けていた思い出があります。多感な時期だしね。

それから14年ほどの月日が経ち、僕ももう社会人ですよ。

今日は那覇空港に行く用事があったのですが、おみやげコーナーに画像のような商品が並べられていました。
「ちんこすこう」←上だけかりゆしウェアを着て、下はイチモツを丸出しにしたこどもがサーフィンで波に乗っている。
「ちんことわざカルタ入り(全45種)」
「型はカワイイちんこ型☆」←確かに、ちんすこうの形が男根の形になっていました。

きっと、昔の自分だったら興奮して「なんだこれはなんだこれは?」って大騒ぎしていたことだろう。
しかし、この商品はあまりにもあからさま過ぎる!周りには普通のちんすこうが並んでいる中、この商品一種類だけ異様な感じだ。そのせいなのか、僕が大人になったせいなのか、気持ちが萎えてしまった。
一応、写真は撮ったものの「それはないだろ…」って感じです。

しかし、店に並んでいるということは、それだけ売れている商品ということなのだろうか。。主に学童の年齢層に需要があるのかな?あくまで僕の予想です。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »