« シンクロニー(?) | トップページ | 合格通知。 »

2009年8月19日 (水)

野球サークル

この前、職場の野球サークルに初参加してみました。

テニスサークルで一緒に活動している人が野球サークルにも所属していたので野球やってみる?と誘っていただいたのがきっかけです。

サークルに参加している人たちは、ちゃんとユニフォームまで着ているので傍から見たらなかなか本格的な社会人野球チームな感じです。
僕はまだ正式にサークルに入会する覚悟ができているわけではないので普通にスポーツする格好で参加しました。

僕の野球歴は高校の体育の授業でやったのと、大学の研究室対抗試合みたいなのに少し参加した程度です。ルールはなんとなくしかわからない。

ストライクが3つでアウト、アウトが3つでチェンジ、ボールが4つで塁に出れる。デッドボールでも出れる。大まかにはそんな感じでしょ。ストライクゾーンとかよくわからないけど、打てそうになければ振らない。

第一打席→見逃し三振。打てそうにないと思った球がストライクでアウト。
第二打席→球を打とうとしたら自分の方に向かってくることに気づいた。でも気づいた時には避けられず、左の脇腹に直撃!

「アザできてるんじゃない?」とチームメイトに言われたけど、イヤまさかそんな…と思って見てみたら本当にアザになってました。。(画像参照)
軟式野球なので球は柔らかめだと思うのですが、それなりに痛かった泣き顔見事に洗礼を受けましたよ。

今回は塁に出れないだろうなーと思っていたので、ちょっと興奮しました。僕の次のバッターが二人アウトになって次のバッターがアウトだったら試合終了というタイミングです。僕のチームのベンチから「やび君、次のバッターが球を打ったらどんな球でも思いっきり走るんだよ!」とアドバイスが飛んできました。
は?なんで?と考えてたら、なるほど、フライなら試合終了なんだからダメ元で走るべきなのか。←考慮していたのはせいぜい3~4秒だと思うのですが、その間ピッチャーが1塁に牽制球を投げたらしく、僕が気づいた時にはタッチアウトになっていました。。

試合終了!ピー・・・なんてボロクソな内容なんだろう。反省点が多すぎる。

ピッチャーの動向のチェックを疎かにしていた僕の責任ですね。次から気をつけよう。そして、リードの距離とりすぎだった気もする。

守備ではライトにいましたが、一度も球が飛んできませんでした。

P.S.
高校の体育の野球の授業では、よくバットを飛ばしていました。
今回は、バットを飛ばさないように目標を立ててました。その意味ではミッション成功!

P.S.P.S.
高校の体育の授業の時も感じていましたが、自分がバッターボックスに立った時、ベンチや守備の人たちが「バッターへなちょこだぞー、前進守備ー!」とか言ってくる精神攻撃に弱いです。でも、よく考えてみたらそれってすごいチャンスなんだよなー。チャンスは活かすべきだ。

|

« シンクロニー(?) | トップページ | 合格通知。 »