« 野球サークル(2回目)。 | トップページ | 続・連れたそがれ。 »

2009年10月12日 (月)

「mixi」をやっていてふと寂しくなること。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=944662&media_id=45

↑引用したくなるミクシィニュースが流れてたので初の試みです。
「mixi」をやっていてふと寂しくなることランキング。今の僕が共感を得るのは2番目(がんばって書いた長文日記がシステムエラーで消えてしまった )と、たまに9番目(日記を読んで欲しい人がなかなか見にきてくれない )くらいだろうか。もうやだ~(悲しい顔)

大学生時代、僕のブログ熱がピークだった頃は特に1番目の(コメントが全く付かない)ことを気にしていた。というか、コメントがなければブログをやる意味がないと思っていた。アクセス数を稼がなければダメだと思っていた。ちっ(怒った顔)
そういうのが、「ブログ病」「ミクシィ病」と巷で言われていることを後々知りましたが、知った頃には熱は冷めていました。今はミクシィをやっていますけど、あくまで日記(自己満足)と割り切っています。あと「やびはまだ生きてますよ」って生存の表示をしています。更新がだいぶ前に停止しているサイトとかたまに見かけますが「オーナーはちゃんと生きてるのだろうか?」って心配になりますよね。冷や汗
あと、日記は長い「独り言」だと思っています。

改行や絵文字が少なくて見づらいとか、文章が長いとか内容が面白くないとか、コメントをしたくならないような理由はいくつかあると思いますが、「コメントが全く付かない」ことを寂しいと思っている人は他人に期待しすぎなんじゃないかなと思います。昔の自分もそうだった。コメントがない場合、「あれ?僕のサイト見てくれるのみんな忘れてるんじゃないの?」「みんなの家停電したのかな?」「それとも更新が反映されてないのかな?」とかめっちゃ焦ってたもん。そんなの、いかにも自意識過剰ですよねあせあせ思い返しただけでも恥ずかしい目

マイミクシィに入れてもらっているからって友達だと思ってくれているとは限らない。メールアドレスや電話番号を教えてくれたからって、心を開いてくれているとは限らない。みんながみんな、自分に対して興味を抱いてくれているとは限らない。前よりも少しはそういうことがわかってきた。

本当に他の人の意見を聞きたければ誰でも書き込めるようなコメントではなく、個人レベルであるメッセージ機能を使うべきだ。コメントは「自分が意見しなくても誰かが書き込みするだろう」という意識がわくため。

・・・あー、それにしても、まだ口の中が痛い。もう4~5日痛い痛い。泣き顔(←独り言)

|

« 野球サークル(2回目)。 | トップページ | 続・連れたそがれ。 »