« 好き⇔嫌い | トップページ | 付加価値。 »

2009年10月12日 (月)

宣伝戦略。

通販カタログを見ていて驚いた。

(写真参照)

「だれにも邪魔されない空間を作る」
との見出しが書かれている。

こんな書き方されたら、そりゃそうだね!って言うに決まってる、ずるい。目がハート
モデルは、ニタジーしながら本を読んでいる。自分だけの空間を作り上げたつもりなのか?
確かに、なかなか近づきがたいオーラを良い感じで醸し出しているけども。

値段は3万5千円とのことだが、だれにも邪魔されたくないのであれば、こんなものを買わなくても、そこら辺で拾った段ボールでも代用できるのでは?あせあせ

この商品はあくまでスチームサウナなのだから、「誰にも邪魔されない空間」を作るためのものではないだろう。
「自宅で気軽にサウナ」というのが商品の説明としては適している。しかし、それは普通すぎる!

おそらく、宣伝部も客の目を引くために敢えてこのようなピントがズレた見出しをつけているのだろう。ボケーっとした顔

こうやって僕も記事に載せてしまっている(=宣伝の片棒を担いでしまっている)時点でメーカーとしては及第点というところなのではないかと思う。むふっ

そうなってくると、一見被害者のように思えるモデルも不本意ながら「宣伝のためだ、仕方ない」ってメーカーの意図を止むを得ず受け止めているように見えてくる。



・・・僕は買わないけどね。ボケーっとした顔

|

« 好き⇔嫌い | トップページ | 付加価値。 »